手間が減って家事効率が大幅UP!「扉をはずすという提案」

平工 あつみ

平工 あつみ

整理収納アドバイザー

手間が減って家事効率が大幅UP!「扉をはずすという提案」

食器棚・キッチン収納・押入れ・玄関などお家の中には「扉-とびら」がたくさんありますね。この扉がついていることでほこりが収納内部に入りにくくなったり、お友達が遊びにきた際には目隠しの効果があったりします。
ですが、この扉をあける動作は必要なのでしょうか。「扉を開ける」ことだけでも1アクションになりますし、その中にさらに収納用品が納められていた場合、目当てのものを取り出すための動作が複数回になってしまいます。

「扉をはずす」という発想についてそのメリットをご紹介します。

■1.扉をはずすという発想

扉はどこにでもついています。当たり前のように。
ただ、この扉がついていることで「扉をあける」「扉をしめる」という2回のアクションが必要になります。又、どこに何が収納されているか、開けるまで分かりづらくなり、見えないからという意識が働き、ものを押し込んでしまったり、同じものを買ってしまったりというデメリットがあります。

一方、扉を外すと、2回のアクションが省けるだけでなく、どこに何があるかいつも見えている状態となり、ものが見つけやすく戻しやすくなるというメリットが生まれます。更に、扉で空間を閉め切らないので湿気や匂いがこもりにくい、さっと取り出しやすく家事時間の短縮に繋がるといった相乗効果があります。 

■2.食器棚の場合:片手がふさがっていてもワンアクションで目当ての食器を取り出せます

料理中、お皿が必要になった時、「持っているものを置く」「扉を開ける」「お皿を取り出す」「扉を閉める」「置いたものを再び持つ」という動作をしていませんか。もし扉がなかったとしたら、目当ての食器をすぐに手に取ることが出来るので「取り出す」という動作1回で済みますよね。キッチン周りの家事では、特にこのアクションの数が少なければ少ない程、時短につながりますし、家事の手間も軽くなります。

見えてしまうことが心配な方は、カフェカーテン等で見せたくない部分を目隠ししても良いですね。よく使うものは見せて、あまり頻度の高くない食器類を隠せば使いやすく見栄えも良くなります。もし、扉の外せない食器棚を使われている場合は、使用頻度の高い食器は、1か所にまとめて置き、「扉を開ける動作」1回で取り出せるように工夫するととても使い易くなります。 

■3.コンロ下収納の場合:調理器具をさっと取り出すことができて匂いや湿気がこもりにくくなります。

調理器具などが多く納められているコンロ下収納の扉をはずした場合、アクション数が省けるだけでなく、どこに何があるかとてもわかりやすくなります。さらに空気の流れが滞ることもないため匂いや湿気がこもりにくくなるのです。レストランの厨房などでは、開ける手間を省いて機能的な調理場となっていますよね。
コンロ下をオープン収納にすることで調理に必要なフライパンや鍋をさっと取り出すことができ、またしまう際にもどこに置けばよいのか一目でわかるのですぐに収納することが出来、時短家事に繋がります。

引き出し式収納のようにとびらをはずせない場合は、よく使うものを出してすぐ使えるように掛ける収納にしてもよいでしょう。 

■4.押入れの場合:布団の上げ下ろしがスムーズで、通気性がよく湿気がこもりにくくなります。

お布団を敷く場合、「ふすまをあける」「布団を取り出す」「布団を置く」「ふすまを閉める」の4アクションが必要になってしまいますね。もしも「ふすま」がなかったら「ふすまの開閉」2つの動作を省略することができますので、「布団の上げ下ろし」というアクション1回で済みます。更に、通気性がよく、湿気がこもりにくくなるというメリットもあります。

ふすまをはずすのに抵抗がある方は、下の段や上の段だけの一部を綺麗な布や、ロールカーテンで目隠しするのもひとつの方法ですよ。また収納用品の素材と色を統一すると見栄えが良くあまり気にならなくなります。

■5.玄関の場合:靴の場所が分かりやすいので出し入れが楽になり、玄関の散らかり防止につながります。

長靴、運動靴、サンダル、子供の靴等たくさんの靴が収納されている玄関。靴を取り出す時「下駄箱の扉をあける」「靴を選ぶ」「扉を閉める」という動作が必要になりますね。更に、引き戸タイプの扉では重なる部分があり、出しにくい、しまいにくいと感じることもあるでしょう。その為、靴が出しっぱなしとなり玄関が散らかることにつながっていきます。

それならば潔く、扉をとってしまいましょう。扉の重なる部分の取り出しにくさも解消され、どこに何の靴が置かれているか一目瞭然。パッと見て靴の場所が分かりやすく、片手でさっとしまう事ができるので玄関に靴が散らかりにくくなります。

すべてがオープンになることに抵抗がある場合には、下駄箱の下段にカーテンをつけ見えない空間を作る、同じ種類の収納ボックスを下駄箱のサイズに合わせて設置するなどして、そこへ使用頻度の少ない靴をしまうようにすると、見た目も綺麗ですっきりし、めりはりのきいた下駄箱になります。

 

「扉をはずす」提案は如何だったでしょうか?
扉の開閉という2つの手間が単純に減るだけでなく他の効果も加わり、家事が格段に楽になります。これらの中で一番簡単に出来そうなものをまず体験していただくと、扉をはずす感覚にやみつきになりますよ。是非一度トライしてみてくださいね。

平工 あつみ
この記事を書いた専門家:平工 あつみ

生活に潤いと癒しを与える『生活リフォーム』

整理収納アドバイザー。建築リフォームより効果大!整理収納とインテリアで生活に潤いと癒しを与える「生活リフォーム」を提案します。
ブログ:整理収納の見直しと暮らし方の提案による「生活リフォーム」を

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!