ブラウス収納アイデア6選「ちょっとした工夫でフリルやギャザーの型崩れを防ぐ」

 ブラウスを着た女性の写真

オフィスシーンや、入園・入学式に活躍してくれるブラウス。襟つきのものから首回りがゆったりあいたものまで、長袖やノースリーブと形状もさまざま。シフォンやシルクといったデリケートな素材、刺繍やビーズが装飾されたものもあり、洗濯するときも気をつかいます。

フリルやギャザーがついているものもあり、型崩れしないように収納するのが難しいですよね。そこで、デリケートなブラウスの正しい収納方法と収納アイデアを紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

デリケートなブラウスは洗濯と収納に気をつかう!ブラウスの収納でよくある困り事って?

ブラウスの洗濯物の写真

[1]シフォンブラウスは、柔らかいから立てて収納ができない

とろみ素材のシフォンブラウスは柔らかいので、たたんでも立てて収納ができません。タンスの引き出しは、立てて収納すると取り出しやすいので、ブラウスも立てて収納したいという人もいると思います。立てて収納できないと、タンスの引き出しにどうやって収納しようか悩みます。

[2]フリルやレースつき、形がさまざまだからたたみ方に困る

フリルやレースがふんだんに使われていることが多いブラウス。デザインによっては、どうやってたためばいいか分からないと悩んでしまいます。ブラウスの形がバラバラだと、全て同じ大きさにたたむのも一苦労。洗濯物をたたむのに、時間を取られてしまいます。

[3]タンスから出したらシワになっていた

タンスの引き出しから出してみたら「シワになっていた」という経験はありませんか? シワを伸ばそうと思っても、ギャザーが入っているもの、フリルがついているもの、複雑なデザインのブラウスに、アイロンをかけるのは難しいです。

[4]白いブラウスは、シミ・汚れが目立つ

白いブラウスは、シミ・汚れがついてしまうと目立ちます。特に、ファンデーションやソースがシミになってしまうと、なかなか落ちません。シミや汚れがついたまま長期間しまっておくと、汚れが定着して落とせなくなってしまいます。

[5]デリケートなおしゃれ着だから、洗濯に気をつかう

おしゃれ着のブラウスは、家庭で洗濯できない場合も多いです。家庭で水洗いできる場合でも、手洗いしたり、ネットに入れたり、おしゃれ着洗剤を使ったり、洗濯する際は何かと気をつかいます。

 

デリケートなブラウスの基本はハンガー収納! 裏返してネットに入れて洗濯しよう

白いブラウスの写真

[1]ブラウスの基本はハンガー収納

フリルやギャザーがついていて立体的なブラウスは、型崩れしないようにハンガーにかけて収納します。シワがつくと困るもの、アイロンがかけられないものもハンガーに収納しておくとシワになりません。型崩れやシワの衣類トラブルを防げるので、ブラウスは基本的にハンガーにかけて収納しましょう。

[2]リネン・ポリエステルのブラウスはたたんでしまってもOK

洗いざらしのリネンブラウス、シワになりにくいポリエステル素材のブラウスは、たたんでしまっても大丈夫です。ハンガーをかけておくスペースには限りがあります。たためるものはたたんでしまうとコンパクトにしまえます。

[3]ブラウスについたシミを落とす方法

シミがついたら洗濯の前に落としましょう。シミの種類によって落とし方が異なるので、シミの落とし方の一例を紹介します。

ファンデーション…エリそで用の部分洗い剤を直接つけ、軽くこする。

汗、食べ物のシミ…酸素系漂白剤につけ置き※シルクやウールには使えないので注意。

中性表記の服…おしゃれ着用洗剤の原液をつける。

[4]ビーズやスパンコールがついているものは、裏返してネットに入れる

ビーズやスパンコールのような装飾品がついているものは、裏返して洗います。そのまま洗濯してしまうと、他の服に引っかかったり、装飾品が取れてしまうことも。装飾品がついているブラウスは、裏返してからネットに入れて洗いましょう。

[5]変色しやすいシルクやウールは陰干しする

シルクやウールは、日光に当たると変色してしまいます。洗濯物を干す際は、日差しに当たらないよう陰干ししましょう。シルクやウール以外でも、色味を大事にしたいブラウスは、日焼けしないように陰干しすると色落ちを防げます。

[6]デザインによってアイロンのかけ方を変える

ギャザーやフリルがついているとアイロンがけも大変です。上手にアイロンをかけるコツを紹介します。

ギャザー…ギャザーのシワにアイロンの先端を差し込むように、アイロンをかけます。

フリル…フリルをアイロンを持っていない方の手で伸ばしながら、アイロンをかけます。

刺繍入り…裏返して、裏からアイロンをかけます。

ビーズやスパンコール…ビーズやスパンコールは熱に弱いので、アイロンはかけられません。

 



 

フリルやギャザーがついたブラウス、たたみジワがつくと困るものは、ハンガーにかける。リネンやポリエステル素材のブラウスは、たたんで収納。

シミ・汚れを落としてから、裏返してネットに入れて洗濯すると、洗濯トラブルを回避できます。それでは、実際の収納アイデアを見ていきましょう。

 

1.襟ぐりが広いブラウスは、滑り止め加工がされているハンガーにかける

 
 
 
View this post on Instagram

misatoさん(@misat_s)がシェアした投稿

襟ぐりが大きめに開いたブラウスは、ハンガーから滑り落ちやすくなっています。ブラウスが落ちる度、ハンガーにかけ直すことがストレスになっていませんか? 襟ぐりが広いブラウスには、滑らない加工がされているハンガーがおすすめ。

ドイツ生まれのMAWA(マワ)ハンガーは、特殊塩化ビニールコーティングが加工が施されているので、ハンガーを揺らしても洋服がズレません。滑らないハンガーを使って、ブラウスが落ちるストレスを解消しましょう。

 

2.無印良品の「壁に付けられる家具」で、お気に入りのブラウスを見せる収納

 
 
 
View this post on Instagram

harunaさん(@hrn.sou)がシェアした投稿

お気に入りのブラウスは、「見せる収納を楽しみたい」という人はいませんか? かわいいデザインが多いブラウスは、壁にかけておいてもおしゃれです。

無印良品の「壁に付けられる家具シリーズ」は、押しピンを使って固定します。ビスを使わないから、壁も修復しやすく、賃貸にも使えると人気です。単体と3連フックがあるので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

 

3.柔らかいシフォンブラウスは、便利グッズ「TATEMU(タテム)」を活用

 
 
 
View this post on Instagram

東急ハンズさん(@tokyuhandsinc)がシェアした投稿

柔らかいシフォンブラウスは、たたんで立ててしまうのが難しいです。そんなときは、洋服を立ててしまえる収納グッズを活用しましょう。Tシャツを本のように立てて収納できる「TATEMU(タテム)」は、Tシャツ以外の洋服にも使うことができます。

段ボール製の本体に洋服を置き、裾を本体に合わせて折りたたみます。あとは段ボールを順番に折っていくだけ。引き出しの中に立ててしまっても、オープンラックに本のようにしまってもOK。シフォンブラウスは、便利グッズを使って上手に収納しましょう。

 

4.旅行などで持ち運ぶときは、100均の書類ケースに入れてシワ防止

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

お部屋スッキリ 清水幸子(@oheyasukkiri)がシェアした投稿

ブラウスを旅行に持っていきたいとき、「シワになったらイヤだな」と思うことはありませんか? 思い出に残る旅行なのに、シワになったブラウスを着ていては楽しめませんよね。気兼ねなく旅行を楽しむために、衣類の持ち運びには気を使いたいところ。デリケートなブラウスは、書類ケースを使うと持ち運びしやすくなります。

100均のA4サイズの書類ケースに、たたんで収納します。一緒に使うハンカチや靴下も入れてセットにしておきましょう。ブラウスを旅行へ持っていく際は、ぜひ試してみてくださいね。

 

5.翌日着るブラウスは、コートハンガーにスタンバイしておく

 
 
 
View this post on Instagram

さん(@k.h.s.0906)がシェアした投稿

「朝いつも時間に追われている…」「なかなか着る服が決まらない」という人は、夜寝る前に翌日着る服を準備しておくと、朝の身支度がスムーズにできます。

クローゼットの隣にコートハンガーを用意して、次の日に着る服をかけておきましょう。仕事の時は、ブラウスとスーツをセットにしておけば、迷うことなく着替えられます。忙しい朝の時短になるので、洋服選びに時間がかかる人は、前の日にスタンバイしておきましょう。

 

6.シーズンオフになったら、衣類カバーをかけてほこりから守る

 
 
 
View this post on Instagram

東和産業株式会社さん(@towasan.inc)がシェアした投稿

シーズンが終わってもハンガーにかけておく場合は、衣類カバーをかけておきましょう。長期間出しっ放しにしていると、ブラウスにほこりがかぶってしまいます。

不織布タイプの衣類カバーは通気性がよく、湿気から衣類を守れます。中が見えるタイプを選べば、どれに何が入っているか一目瞭然。衣類カバーは、100均でも売っているので、簡単に手に入れることができます。衣類カバーをかけてほこりからブラウスを守りましょう。

 

ブラウス収納アイデア6選まとめ

デリケートなブラウスの収納アイデアいかがでしたか? おしゃれなブラウスは、洗濯・収納共に気をつかいます。

フリルやギャザーがついているものは、ハンガーにかけて収納。たたんで収納したい時は、便利グッズを使うと、柔らかいブラウスでも立てて収納することができます。長期間着ないブラウスには、衣類カバーをかけて来シーズンも気持ちよく着られるようにしたいですね。

ブラウスを正しい方法で収納して、思う存分おしゃれを楽しんでくださいね。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!