ネクタイ収納アイデア15選「丸める?吊す?平置きする?ニトリ・100均・無印グッズを使った収納術」

ネクタイをつけている男性の写真

スーツスタイルでおしゃれを楽しむのに欠かせないアイテム、ネクタイ。その日の気分で柄を変えたり、プレゼントで貰ったり、だんだん増えてしまうのも悩みではないでしょうか。

「ネクタイが取り出しづらい」「お目当のものが探しづらい」と、今の収納方法がしっくりこない人はいませんか? 使いづらいと感じているなら収納方法を見直すタイミングです。出し入れしやすく、スッキリさせられる、ネクタイの収納アイデアを紹介するので、参考にしてみてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 

大量にあるネクタイ…どうやってしまう?!ネクタイの収納でよくある困り事って?

ネクタイが並んだの写真

[1]大量にあるネクタイの保管方法に悩む

ネクタイを買い足したり、プレゼントで貰ったりしていくうちに、気づけば「クローゼットの中にネクタイが溢れている!」という事態に。大量にネクタイがあると、どうやってしまえばいいか悩んでしまいます。

[2]重なっていると探すのが大変

たくさんあるからといって重ねてしまっておくと、お目当のネクタイを探すのが大変になってしまいます。忙しい朝は、ネクタイを探す時間も惜しいところ。探すのが面倒で、いつも同じネクタイばかりつけていてはもったいないですね。

[3]1日中身につけているものだから、汗の匂いや汚れが気になる

夏はクールビズでノーネクタイの会社も増えてきましたが、それでもしっかりした場面ではネクタイを身につける人も多いのではないでしょうか。1日中身につけたネクタイの、汗の匂いや汚れが気になります。

[4]頻繁に使用していると結び目がシワになる

毎日のように同じネクタイを使っていると、結び目がシワになってしまいます。フォーマルシーンで使うネクタイにシワが付いていたら格好悪いですね。ネクタイは、正しい方法でシワを伸ばさないと生地が傷んでしまうので要注意。

[5]出張や旅行へ持ち運ぶときの、携帯方法分からない

出張や旅行へ行くとき、ネクタイを持ち運ぶときもあると思います。そのままカバンに入れて携帯すると、シワになって困ってしまいます。どのように持ち運べばいいか分からない人はいませんか?

洗えるものは洗って!吊す・丸める・平置きするかは収納スペースの広さと相談しながら決めよう

ネクタイとワイシャツの写真

[1]着用後は風通しの良い場所に吊るして、湿気を飛ばしてからしまう

1日中首に巻いているネクタイは、汗が染み込んでいます。そのまましまうと、湿気がこもり、他の衣類にもよくありません。クローゼットの中に戻す前に、風通しの良い場所に吊るして、湿気を飛ばしてからしまいましょう。

[2]直がけNG!スチームアイロンでシワを伸ばす

ネクタイは、ウールやシルクなどデリケートな素材が多いので、スチームアイロンでシワを伸ばすのが基本です。当て布をしていても、アイロンを押し当ててしまうと、生地が傷んでしまう恐れも。

また、熱いうちに折りたたんだり、丸めたりすると跡が残ってしまうので、アイロンがけした後は、平置きの状態で冷めるまで待ちましょう。

[3]家庭で洗濯できるものは洗う+スチームアイロンで臭いケア

ネクタイに洗濯マークや手洗いマークがあるものは、家庭でも洗えます。洗濯機や手洗いする場合は、他の衣類よりも優しく洗いましょう。洗濯マークがついていても、頻繁に洗うと生地が傷んでしまいます。毎回洗うのではなく、普段はスチームアイロンで臭いケアをしましょう。

[4]選びやすさ優先の人は、丸める収納方法を取り入れて

その日の気分でネクタイを選びたい人は、一目でどこに何があるか分かると便利ですね。丸めておくと柄が見やすく、取り出しやすいのがメリットです。巻き方を間違えると、シワや傷がついてしまうので気をつけましょう。

傷やシワがつかないように、ふんわり空気を含ませて巻くのがポイント。丸め終わったら、サイズにあったケースに入れておくと、巻き戻りの心配もありません。

<ネクタイの丸め方>

①ネクタイを折り目がつかないように二つ折りにし、小剣をループに通しておく

②小剣が内側になるように、中継ぎ側から巻いていく

[5]大量にネクタイを持っている人は、吊るすと省スペースで保管可能

大量にネクタイを持っていて、収納スペースもあまりないという人は、吊しておくと省スペースで保管できます。吊るしておくと、ネクタイの重みで自然とシワも伸びるので、アイロンがけの頻度も少なくなるメリットも。ニット素材のネクタイは、生地が伸びてしまうので、素材によっては吊るす収納に向いていません。

[6]収納スペースに余裕がある人は、平置きがおすすめ

ショップでよく見かけるネクタイの平置き。生地への負担が少ないので、デリケートなネクタイの収納方法としておすすめです。ただし、平置きすると収納スペースを取るのがデメリット。ネクタイをコレクションしている人、生地を痛ませたくない人で、収納場所に余裕がある人は、平置きすることを考えましょう。

 

 

ネクタイの収納方法は、丸める・吊す・平置きの3つがあります。丸めると、どこに何があるか分かりやすい。吊すとコンパクトに収納できる。平置きは生地が痛まないのが特徴です。それぞれメリットとデメリットがあるので、どのように収納するかは、収納スペースの広さと相談して決めましょう。

それでは、クローゼットの中のネクタイ収納アイデアを見ていきましょう。

 

1.一目で見やすく!丸めてニトリ仕切りつき整理ボックスに入れる

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

asamiさん(@ho_chami_me)がシェアした投稿

「今日はどのネクタイにしようかな」と、その日の気分でネクタイを変える人は、一目でどこに何があるか分かると便利ですね。探しやすくコンパクトにしまいたいときは、丸めて仕切りつきの収納ボックスにしまいましょう。

ニトリには、仕切りがついた整理ボックスが3種類売られています。その中の3×5マスの整理ボックスがネクタイを収納するのにジャストサイズ。巻いた後、仕切りに入れると巻き戻りの心配もありません。

 

2.100円ショップの仕切り板でネクタイのサイズにあわせて仕切りを作る

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

pokorin mamaさん(@pokorin0525)がシェアした投稿

仕切りつき収納ケースにしまおうと思ったけど、「手持ちのネクタイの幅にあわない」ということもあります。仕切りがネクタイの幅より小さいと、シワや型崩れの原因に。そうならないためにも、ぴったりサイズの仕切りが必要です。ネクタイの幅に合わせて仕切り板で仕切りを作りましょう。

収納ケースを既に持っている人は、仕切り板を買い足すだけ。収納ケース、仕切り板共に百均でも売られています。お金をかけなくても収納場所を作ることができますよ。

 

3.おしゃれにディスプレイ!蓋つきの収納ケースに入れてホコリから守る

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

2-U : トゥーユーさん(@2ujp)がシェアした投稿

お気に入りのブランドのネクタイ、思い出のネクタイは、部屋にディスプレイしてもおしゃれ! 見せる収納をするとき、気をつけたいのはホコリです。ネクタイをディスプレイするときは、蓋つきの収納ケースを選ぶと、大切なネクタイをホコリから守れます。

 

4.ズボラさんでも大丈夫!ダイソーのネクタイハンガーに掛けるだけ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Kenjiさん(@_ken2_ken2_)がシェアした投稿

「ネクタイを丸めてしまっておくと、いちいち巻くのが面倒」と思う人もいるはず。そんな人は、ネクタイハンガーに掛けるだけの簡単な方法はいかがでしょう。

ダイソーで売られているネクタイハンガーは、ベロア素材なので滑る落ちることもありません。丸めるのが面倒なズボラさんは、ネクタイハンガーに掛けるだけの収納方法を選びましょう。

 

5.たくさん掛けられる!IKEA(イケア)のマルチユースハンガー

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@a108snがシェアした投稿

クローゼット内の、小物の整理収納でおなじみのIKEA(イケア)のマルチユースハンガー。ハンガー1本分のスペースで、28本のネクタイを掛けられるアイテム。

これひとつあればネクタイだけではなく、ベルトやスカーフも収納できるので、ひとつ持っていると布小物を整理するのに役立ちます。

 

6.お目当のネクタイをサッと引き出せる。無印ネクタイ用アルミハンガー

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

KYOKOさん(@comnity.co9405)がシェアした投稿

ネクタイをさっと引き出せると人気の、無印良品ネクタイ用アルミハンガー。上からネクタイを重ねていますが、上、下、横からも引き出せる構造になっています。

スカーフやバッグを引っ掛けても使えるので、ネクタイを掛けるのに使わなくなった後の、使い道があるのは嬉しいですね。

 

7.セリアのネクベルハンガーならネクタイとベルトが一緒に吊るせる

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

suzu-simpleさん(@suzusimple)がシェアした投稿

セリアで売られている、一つ二役ネクベルハンガー。横向きのフックにネクタイ、縦向きのフックにはベルトや蝶ネクタイが掛けられます。

ネクベルハンガーは、あまり本数を掛けられないので、ネクタイの本数が少ない人向け。学生や社会人なりたて、単身赴任で数本だけ持っていくときに役立ちそうです。

 

8.クローゼットの隙間に!100均の突っ張り棒をネクタイ掛けにする

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

amiさん(@shonemama)がシェアした投稿

ネクタイハンガーがなくても、突っ張り棒さえあれば簡単にネクタイの収納場所を作ることができます。クローゼットの中に突っ張り棒を設置して、そこへネクタイを掛けるだけ。簡単に作れる上、場所も取りません。

突っ張り棒は1本でも大丈夫ですが、2本使うとネクタイがヒラヒラせず、しっかりと掛けられます。

 

9.大量のネクタイもおまかせ!ワイヤーネットでスライド式ネクタイラックを自作

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

整理収納アドバイザー小野田亜由美さん(@ayumi.ssadosk48)がシェアした投稿

ネクタイを大量に持っている人におすすめなのが、ワイヤーネットを使った収納アイデア。ワイヤーネットの網目全てにネクタイ吊することができます。

突っ張り棒とリングを使ってスライド式にすることも可能。引き出して使うと、奥のネクタイが取り出しやすくなります。

スライド式ワイヤーネット作り方

<材料>

ワイヤーネット2つ/突っ張り棒1本/結束バンド6〜8本/カードリング2つ/カーテンフック2つ

<作り方>

①ワイヤーネット2つを重ねて結束バンドで固定

②カードリングを結束バンドで2箇所に取りつけます

③突っ張り棒にカーテンフックを2つ通し、クローゼットの枕棚の下に取り付けます

④カーテンフックにカードリングを取りつけて完成

 

10.シャツとネクタイが一緒にしまえる。無印の吊るせる収納

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yoko Kajigayaさん(@bloomyoursmile)がシェアした投稿

無印良品の吊るせる収納・シャツポケットがあれば、シャツとネクタイが一緒にしまえます。表側にシャツ用の大きめなポケット、裏側にネクタイ用の5つのループがついています。

ハンガーパイプに吊るして使えるのでかさばらず、クローゼットの中をきれいに保つことができますね。

 

11.回転式電動ネクタイハンガーで朝の身支度もラクラク

おしゃれで便利な収納グッズを探している人は、電動で回転するネクタイハンガーはいかがでしょう。器具をハンガーパイプに取りつけて、ネクタイを掛けて使います。

スイッチを押すと回転するので、奥にあるネクタイもラクに取り出せ、朝の身支度が楽しくなります。本体の下にはベルト掛け、正面にはライトがついているので、暗いクローゼットの中でも困りません。

 

12.選びやすくネクタイにも優しい!タンスの引き出しに平置きする

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ゆるりらさん(@yururira_interior)がシェアした投稿

「探しているネクタイが見つからない」「戻すときにいちいち巻くのは面倒」という人は、平置きがおすすめ。軽く2つに折って、タンスの引き出しに、並べて置きましょう。

特に、ニット素材のネクタイは生地が伸びやすいので、平置きすると生地が痛みません。

 

13.出張や旅行にどうやって持ち運ぶ?携帯するなら百均のネクタイケースが便利

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

BJ Seoly(背尾匡徳)さん(@masanori_seo)がシェアした投稿

出張や旅行でネクタイを持ち運びたいとき、カバンに直接入れるとシワになってしまいます。そんなときは、ネクタイケースに入れて持ち運ぶとシワになりません。

ダイソーやセリアで売られているネクタイケースは、芯にネクタイを挟み、ハンドルを回して巻き取ります。カバンに入れて携帯するなら百均のネクタイケースが便利。

 

14.たまにしか使わないネクタイは、Yシャツと一緒に100均の書類ケースにセット

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

naa**さん(@myfamily.k3r)がシェアした投稿

普段はスーツを着ない人、冠婚葬祭用のネクタイは、出番があまりありません。たまにしか使わないネクタイは、Yシャツと一緒にしまっておきましょう。

100均の書類ケースにYシャツとネクタイをセットしておけば、シワや型崩れを防いで、立ててしまえます。書類ケースは、厚みのあるタイプを選ぶのがポイントです。

 

15.セリアのアイアンバーをクローゼットの扉に取りつけてプチDIY

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

emさん(@mtmr_home_)がシェアした投稿

セリアのアイアンバーをクローゼットの扉に取りつけるアイデア。セリアのアイアンバーは、インテリアとして優秀なので、扉の外側につけてもおしゃれ。

翌日着るスーツを夜の内にセットしておけば、扉を開けることなく、朝の身支度が完了します。セリアのアイアンバーをネクタイ置き場にしてみてはいかがでしょう。

 

ネクタイ収納アイデア15選まとめ

ネクタイの収納と一言で言っても。実にさまざまなアイデアがありましたね。

丸めるときは、仕切りを使って巻き戻しを防いで。吊るすときは、手持ちのネクタイの本数にあった収納方法を選ぶと失敗しません。平置きするときは、収納スペースが確保できるか考えてみましょう。

これを機にネクタイの収納方法を見直して、朝の身支度がしやすいクローゼットにしてくださいね。

スポンサードリンク