釣り竿・ロッドの収納アイデア12選「攻略!100均+自作で壁に沿わせて」

釣り人の写真

一昔前までは中年男性のイメージが強かった「釣り」ですが、最近は釣り好きな若い女性も珍しくなくなってきました。安定した人気を誇る釣りですが、釣り竿・ロッドの収納に頭を悩ませている方も多いでしょう。

その用途ゆえ、細長くて先端は折れやすいという特徴を持つ釣り竿。そして釣る対象や場所によって様々な種類の釣り竿があるので、ハマってしまうとどんどん本数が増えてしまっているのではないでしょうか。

省スペースで、安定性を保ちながら取り出しやすく収納できないかな、とお考えの釣り人の皆さん。これからご紹介する収納アイデアをぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサードリンク

 

細長くて繊細な釣り竿、どこに収納すればいいの?釣り竿・ロッド収納でよくある困り事

釣り竿2本の写真

[1]細長すぎる!

釣り竿の特徴はなんといっても細長いこと! 長いものでは5mを超える釣り竿も。収納時にはコンパクトになる振り出し竿や継ぎ竿もありますが、住空間では類を見ないこの長さに、「収納できない!」とお困りのケースも多いのではないでしょうか。

[2]繊細だから取り扱いに慎重になる

特に細くなっている穂先の部分は繊細で折れやすいため、取り扱いには慎重にならなければいけません。小さなお子さんやペットが興味を持って触ってしまいドンガラガッシャーン! という事態は避けたいものです。

[3]ハマりだすとどんどん増える

初めは万能竿だけだったのがハマりだしてどんどん種類が増えていき、気づいたら数十本もの釣り竿、ロッドが部屋を占拠していた、なんてご家庭もあるのではないでしょうか。釣りが趣味の方にとってはそれぞれ用途が違うし全て必要な釣り竿。でも家族から見たら「同じような竿ばっかり何本も買って場所を取って。」と、すこしモヤモヤされているかもしれません。

[4]車での搭載方法も気になる

基本的に釣りに行くときは車で、という方も多いでしょう。車の中に釣り竿・ロッドを積み込むときや車での収納はどんな方法があるのでしょうか。ウチの車は軽自動車で小さいから、と諦めていませんか? 

 

釣り竿・ロッド収納のポイントは「壁・天井」と「車」

釣り竿壁付けの写真

[1]細長いものは壁や天井に沿わせる

数メートルに及ぶ釣り竿は場所を取ると思いきや、その細さを活かして壁に沿わせて収納することで生活空間を圧迫せずにすみます。壁に沿わせるというと、賃貸だから穴をあけられないという方もいるかもしれませんが、穴を開けなくても壁付け出来る方法はたくさんあります。また、頭の上のスペースも活用できないか考えてみましょう。

[2]細長いものは垂直に立てる

どうしても壁に添わせるスペースがなかったり、取り出しやすさを重視するなら垂直に立てるのもおすすめです。

[3]子どもやペットの手の届かない所に収納する

大切な釣り竿を守る意味でも、子どもやペットの手の届かない高い場所に収納するのがよいでしょう。

[4]車に搭載する場合は頭上の空間を利用する

車の中に収納して移動する場合、もっとも広い空間は頭上のスペースです。頭上の空間をうまく活用して運転中も気にならないように固定しましょう。ただし、車内を収納場所とする場合はくれぐれも車上荒らしに注意をしましょう。

 

長い釣り竿は見たところ大きな収納スペースが必要なように感じますが、壁付けしたり垂直に立てれば省スペースで収納できます。また、見た目や取り出しやすさも気になるところですね。それでは収納アイデア12選を見ていきましょう。

 

1.簡単・単純!壁にフックを取り付けて収納する

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@tsutomushi87がシェアした投稿

100均やホームセンターで購入できるフックを壁に2つ、平行に取り付けます。それだけで長い釣り竿を渡せば簡単に収納スペースが出来上がります。ポイントは釣り竿のグリップがストレスなく引っ掛けられる深さのフックを選ぶことです。そうすることで、取り出しやすくしまいやすい収納が実現できます。

ディスプレイにこだわりたい方は、アイアン素材などおしゃれなものもたくさん売っているので、お気に入りのフックを探してみてください。

 

2.壁面収納なら「壁美人」!スノコを取り付けて角型Sカンで釣り竿を引っ掛ける

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@matsumai77がシェアした投稿

壁になるべく穴を開けたくない、という方にはスノコを使った簡単DIYもおすすめです。ホッチキスで取り付けることができる「壁美人」というフックを使えば最低限の穴で壁にスノコを固定することができます。

スノコに角型Sカンを二か所取り付ければ釣り竿を渡すことができ、ディスプレイも兼ねた収納の完成です。

 

3.100均でもできる!ワイヤーネット+フックで釣り竿収納

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

matsushinさん(@taishido.base)がシェアした投稿

ワイヤーネットを壁に取り付けて、フックを設置することで、釣り竿を横に渡して収納できます。ワイヤーネットを採用すると、釣り竿の量もたくさん収納できる上にワイヤーネット用のグッズを使って他の釣り道具も一緒に収納しやすくなるというメリットもあります。

 

4.100均のディッシュスタンドを2つ、垂直に壁付けする

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Satomi Urataさん(@satomiurata)がシェアした投稿

ネジなどでしっかりと固定できる環境であれば、100均の木製ディッシュスタンドを使う方法もあります。釣り竿はなんせ細いので、ディッシュスタンドの間隔にぴったりはまります。

組み立てる前の状態のディッシュスタンド一対を、ある程度の間隔を開けて同じ高さになるように壁付けすれば、無駄なく省スペースな収納ができます。

 

5.憧れのディスプレイ収納!ディアウォール・ラブリコの柱+フックで収納

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

HYSさん(@dearxxxhys)がシェアした投稿

壁に直接取り付けられないなら、柱を作ってしまいましょう。ディアウォールやラブリコで柱を2本設置し、フックを同じ高さに付ければ見た目にもシンプルで美しいディスプレイ収納が出来上がります。

 

6.突っ張り棒を活用!玄関廊下の天井に渡すようにして収納する

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

はらだむねゆきさん(@muneyuki_0227)がシェアした投稿

うちは賃貸マンションだから釣り竿を横に渡すほどの広い壁なんてない! とお困りの方もいるのではないでしょうか。賃貸でも上に目を向けると天井という広い空間がありますよ! 強力な突っ張り棒を2本、玄関廊下の天井付近に平行に取り付けて釣り竿・ロッドを渡せば、日常生活の邪魔にならず収納できます。

 

7.ステンレスパイプを天井に!?クローゼットの天井近くに取り付ける

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

PFJのおばっちゃんさん(@pfj_rami)がシェアした投稿

シューズクロークや納戸、クローゼットがあれば、その天井にステンレスパイプを取り付ける方法もあります。ソケットと呼ばれる受け具を壁に固定し、反対側はステンレスパイプをセットした状態でソケットを固定します。必ず下地のある場所を確かめてから壁に取り付けましょう。

耐荷重の意味でも120㎝以内の幅のスペースに設置するのが良いでしょう。ステンレスパイプを2本渡せば、その上に釣り竿・ロッドを収めることができます。

 

8.ロープで固定!ロッドケースや竿袋に入れて縦収納

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

かいりゅーさん(@kai_ryu_)がシェアした投稿

ロッドケースや竿袋に釣り竿を入れた状態で立てて収納することもできます。ただ壁に立てかけるだけだと何かの拍子に倒れてしまいますが、壁に二か所フックを取り付けてロープやゴムバンドで固定すれば倒れる心配はありません。この方法は物置やロッカーにも応用できますね。

 

9.自分流DIY!スノコを使ったロッドスタンド

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Mamiさん(@avenirmami)がシェアした投稿

ロッドスタンドを自分の使い勝手に合わせて自作するのも良い方法です。スノコを何枚か用意して組み立てるのがおすすめです。

底の部分には100均で売っている滑り止めシートを貼り付けると、釣り竿が滑らずいい具合に立てかけられます。自分好みにペイントするのもよさそうですね。

 

10.傘立てに見えない!ニトリの傘立てをロッドホルダーにする

ニトリの傘立てロッドホルダーの写真
出典:しゃいむ☆blog ver.2

長細いものを収納するときに重宝するのが傘立てです。なかでも1本ずつ個別に収められる傘立てはロッドホルダーにちょうど良いです。水受けの部分にスポンジや滑り止めシートを置くことで、より垂直に立たせることができます。ニトリの傘立てがコスパもよくて使いやすいですよ。

 

11.安定の市販品!専用のロッドホルダーを買って使う

専用の社内用ロッドホルダーの写真

釣りに行くときはもっぱら自分の車、という方は車内に釣り竿収納場所を作ってしまうという手もあります。市販の車内専用ロッドホルダーを使って車の天井に設置します。専用品だけあって、安定感をもって収納することができます。

10本など多くの釣り竿を収納できるタイプはその分広い車内を必要とするのでハイエースやフォレスターなど車種が限られてきますが、探せばプリウスなどセダン車でも取り付け可能なロッドホルダーが販売されています。

また、釣り好きさんに人気の軽自動車(ジムニー、タント、ワゴンR、ハスラーなど)にもそれぞれ適合するロッドホルダーが数多くありますので、一度探してみてください。

 

12.自作できる!車の中上部にバーやベルトを設置する

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Bu Qing Shuiさん(@qingshui.bu)がシェアした投稿

市販の車内搭載ロッドホルダーには憧れるけどちょっとお高い、とお悩みの方は、ひと工夫して自作してみましょう。アシストグリップ(天井付近のつかまる為の取手)にバーやベルトを2本しっかりと固定すれば、釣り竿を渡すことができます。バーを使う場合は大き目の洗濯ピンチを使えば釣り竿を固定させることができます。

 

釣り竿・ロッド収納アイデア12選まとめ

釣り竿・ロッドはその細長い形状を活かして様々な収納方法を取り入れることができます。壁に沿わせたり、天井の空間に収納したり、スタンドを利用して縦収納にしたり…。住宅事情や家庭環境に合わせてご自身にぴったりの収納方法を見つけてくださいね。

スポンサードリンク