キャミソール・タンクトップ収納アイデア7選「仕切りを作って整理整頓!」

タンクトップを着た女性の写真

インナーとしてはもちろん、夏はトップスとしても着用するキャミソールとタンクトップ。夏だけではなく、ヒートテック素材もあり、肌寒い季節も重宝します。

そんなキャミソールとタンクトップは、生地が薄いのでタンスの中でクタッとなりがち。そこで、立ててしまうのが難しいキャミソールとタンクトップの、上手な収納方法と収納アイデアを紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

クタッとなって立ててしまえない!キャミソール・タンクトップの収納でよくある困り事って?

 たたんだキャミソールの写真

[1]どうやってたためばいいの?洗濯物のたたみ方に悩む

「たたみ方がしっくりこない」「上手にたためない」という人はいませんか? キャミソールとタンクトップは、薄手の生地で袖もないため、他の服と同じようにたためません。どうやってたためばいいか分からないと、悩んでしまいます。

[2]たたんでも厚みがないから、立ててしまうのが難しい

袖がついていないキャミソールとタンクトップは、たたんでも厚みが出ず、立ててしまうのが難しい衣類です。インナーは特に生地が薄く、出し入れしているといつの間にかごちゃごちゃになっていることも。

[3]たたんだ状態では、キャミソールかタンクトップの見分けがつかない

たたんだ状態では、キャミソールなのか、タンクトップなのか見分けがつきません。確認するために開いたり、たたんだりするのは面倒。着たい服がすぐに見つけられないと、身支度に時間がかかってしまいます。

[4]ハンガーからキャミソールがずり落ちる

ハンガーからキャミソールが落ちてしまったという経験はありませんか? キャミソールの肩紐は、接地面積が少ないので、動かした反動で落ちてしまうことも。落ちたキャミソールをいちいちかけ直すのはストレス。

[5]スパンコールつき、薄手の生地は洗濯トラブルも!

スパンコールつきのおしゃれなキャミソールやタンクトップも売られています。洗濯したら装飾が取れてしまったり、薄手のものは洗濯を繰り返していると生地が伸びてしまいます。間違った方法で洗濯するとトラブルの原因に!

 

洗濯するときはネットにイン!小さくたたんで、仕切りを使って立ててしまおう

タンスの引き出しの中の写真

[1]デリケートなキャミソールとタンクトップを洗濯するときはネットに入れて!

デリケートなキャミソールやタンクトップをそのまま洗うと、洗濯トラブルの原因に。ニット素材のキャミソールは、絡まり合うと伸びてしまいます。スパンコールやビジューがついたものは、他の衣類に引っかかって傷つけてしまう恐れも。デリケートなキャミソールとタンクトップは、ネットに入れて洗濯しましょう。

[2]たたんでも崩れないたたみ方をする

柔らかく薄手のキャミソールやタンクトップは、たたんでも崩れやすいのが難点。そこで、出し入れするときに崩れない、トラベリングパック折りを紹介します。

<たたみ方>

①背中側を上にして平置きする

②縦に三つ折りにして、肩紐部分を折る

③襟側を収納したい幅に折る

④残りが③の幅になるように裾を折る

⑤裾側を折って、襟ぐりの中に入れ込む

[3]他の衣類と同じように立ててしまう

重ねてしまうと、下になったものが取り出しにくいので、他の衣類と同様、立ててしまうのが基本です。立ててしまうと、どこに何があるか分かりやすく、取り出すときもラク。タンスの引き出しにしまうときは、立ててしまいましょう。

[4]タンスの引き出しには仕切りを作って

引き出しにそのまましまうと、取り出したときに倒れたり、崩れたり、タンスの中がごちゃごちゃになってしまいます。引き出しにそのまましまうと、取り出したときに倒れたり、崩れたり、タンスの中がごちゃごちゃになってしまいます。

そんなときは、仕切りを作って倒れたり、崩れたりするのを防ぎましょう。仕切りを作ることで、整理整頓された状態をキープすることができます。

[5]シーズンオフでしまい込む前にシミ・汚れがないかチェック

シーズンオフのキャミソールやタンクトップをしまい込むときは、シミや汚れをしっかり落としてから。特に、夏は、バーベキューをして油ジミがついたり、汗を大量にかく季節なので、汗ジミには注意したいですね。

シミがついたまましまい込むと、汚れが定着して落とせなくなってしまいます。来年も気持ちよく着る為に、しまい込むときは、念入りにチェックしましょう。

 

 

柔らかく薄い素材のキャミソールとタンクトップは、崩れないように工夫してたたむことが大切です。タンスの引き出しに立ててしまうときは、仕切りを使って倒れることを防ぎましょう。

洗濯するときは、ネットに入れて。シミと汚れをしっかり落としてからしまい込むのが、服を長持ちさせるコツです。

それでは、実際のクローゼットでの収納アイデアを見ていきましょう。

 

1.無印良品の不織布仕切りケースでタンスの中を整理整頓

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

MARIさん(@lovehome_5)がシェアした投稿

タンスの中を仕切るのにぴったりな仕切ケース。無印良品の不織布仕切りケースは、12マスあるので、キャミソールとタンクトップをたっぷりしまえます。

ひとつの仕切りにひとつしまうので、タンスの中がごちゃごちゃになる心配もなし。コンパクトにたためる薄手のものは、仕切りがたくさんついたケースに入れて、整理整頓しましょう。

 

2.移動可能の仕切りつき!優秀なニトリの収納ケース

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Kaoriさん(@xxkaorixx1211)がシェアした投稿

ニトリの下着収納ケースMは、キャミソールやタンクトップを収納するのにちょうどいいサイズ。プラスチックケースの中に、移動できる仕切りが2枚ついていて、衣類の幅に合わせて仕切りをズラすことができます。仕切りを動かしながら使えば、衣類を取り出したときに、倒れる心配もありません。

 

3.家に余っている100均のプラスチックカゴを利用

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@snow_violet_がシェアした投稿

手軽に購入できる100均のプラスチックカゴは、家の中で余っている人もいるのではないでしょうか? わざわざ買い足さなくても家にあるカゴを使って、タンスの引き出しの中を仕切りましょう。

新しく購入する際も、キャミソールやタンクトップを、たたんだときのサイズを測ってから選ぶと失敗しません。

 

4.サイズがいろいろ選べる、セリアの整理収納仕切りケース

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

マユコ┃暮らし改善さん(@ricm_life)がシェアした投稿

せっかく収納ケースを買っても、サイズがあわないという失敗もあります。購入した収納ケースをムダにしないためにも、ぴったりのサイズを選びたいですね。

キャミソールやタンクトップは、たたみ方によって収納スペースの幅が変わってきます。セリアの整理収納仕切りケースの幅は4種類あるので、収納したいものにあわせて選べます。

 

5.旅行にも便利!セリアのTシャツロールでクルクル巻いてしまう

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

唯織-iori-さん(@weizhi6376)がシェアした投稿

衣類を立ててしまう方法として、丸めて立ててしまう方法もあります。巻いてしまうとき便利なのが、セリアのTシャツロール。プラスチックの板状で、クルクル巻いたキャミソールやタンクトップに巻きつけて使います。

コンパクトに収まるので、旅行へ持って行くときにも使えます。このままカバンに入れても、中で崩れません。

 

6.キャミソールは滑らないマワハンガーを選ぶ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

sarami 一人暮らしインテリアさん(@sarami_i)がシェアした投稿

シワがつきやすいキャミソールはハンガーにかけておきたいところ。ですが、引っ掛かりのないハンガーにかけておくと、肩紐が滑り、ずり落ちてしまいます。そうならないためにも、滑らない加工がしてあるハンガーにかけましょう。

滑らないハンガーとして有名なドイツ製MAWA(マワ)ハンガーがおすすめ。その他にも、ニトリや100均でも売られているので、予算にあわせて選んでみてくださいね。

 

7.シーズンオフになったら、他の衣類と一緒にクローゼットの枕棚へ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

整理収納アドバイザー|伊藤まき|ito maki|東京さん(@maki_organize)がシェアした投稿

夏物のキャミソールやタンクトップは、シーズンオフになったら、他の衣類と一緒にしまいましょう。シーズンオフの衣類は、衣装ケースやジャマにならないように枕棚へ。

何が入っているかマスキングテープに書いて貼ったり、タグをつけたり、ラベリングしておくと、迷わず取り出せます。来年も気持ちよく着られるように、湿気対策、防虫対策をしっかりしてしまい込みましょう。

 

キャミソール・タンクトップ収納アイデア7選まとめ

キャミソールとタンクトップの収納アイデアはいかがでしたか?

たたんで引き出しにしまうときは、倒れたり崩れたりしないように、カゴや仕切りケースを使って。ハンガーにかけたいときは、滑らない加工がされたものを選びましょう。

キャミソールとタンクトップを上手に収納して、夏のオシャレを楽しんでくださいね!

 

スポンサードリンク