クローゼット下の収納アイデア10選「洋服の収納力が2倍になる収納方法はコレ!」

クローゼット下の収納エリアの写真

クローゼットの中でも、二番目に使いやすい下のスペース。ハンガーにかけた衣類の下をどのように使うかでクローゼットの収納力も変わってきます。上手に洋服をしまいたいなら下のスペースを有効活用しましょう。

今回は、クローゼットの下の方に焦点を当てて収納アイデアを紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

意外に使いづらい!クローゼット下の収納でよくある困り事って?

散らかったクローゼット下の写真

[1]低い場所だからかがまないといけない

立ったまま利用することの多いクローゼット。低い場所はいちいちかがまなければいけません。下にいけばいくほど取り出しにくくなります。

[2]クローゼットの下は、ほこりが溜まりやすい

床面に近いからほこりも溜まりやすいのが難点。特にクローゼットは綿ぼこりが出やすいので、いつの間にか衣類にほこりがかぶっていることも。

[3]丈の長い服がかかっているとあまり使えない

クローゼットに、ワンピースやロングコートなど、丈の長い服ばかりかかっていると、下のスペースがほとんど使えません。わずかな隙間に何を収納していいのか悩んでしまいます。

 

ハンガーラックや引き出しで収納力2倍!衣装ケースは重ねて使うものを選んで 

closet_shita_shunou1

[1]重ねて使う引き出し式衣類ケースで高さを調節

クローゼットの下に置く定番ものといえば、引き出し式の衣装ケース。シーズンオフの衣類やたたんでしまっておきたいものは、引き出しに収納しておきたいですね。衣装ケースは、ハンガーにかかった服の丈にあわせて高さを変えられるよう、一段ずつ重ねて使うタイプを選ぶのがおすすめです。

[2]ハンガーラックを使って収納力2倍

洋服はたたむよりハンガーにかけたいという人は、ハンガーラックをもう一台置くのもあり。クローゼットの下にもハンガーラックを設置することで収納力も2倍になります。

[3]キャスターつきを選んで移動しやすくする

クローゼットの下にハンガーラックや収納ラックを置く時は、キャスターつきのものを選びましょう。キャスターがついていれば、掃除する時の移動も楽。ほこりがたまりやすいので掃除がしやくするのも大切です。

 

クローゼットの下は、衣装ケースやハンガーラックを置くと空間を無駄なく使えます。掃除がしやすいようにキャスターがついてるものを選びましょう。

収納方法がわかったところで、実際にどのように使うのか、クローゼットの下の収納アイデアを見ていきましょう。

 

1.ハンガーにかかった衣類の丈にあわせて衣装ケースを置く

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ku.ocho(@ku.ocho)がシェアした投稿

クローゼットの下のスペースを上手に使うには、ハンガーにかかった衣類の丈の長さを揃えること。丈の短い衣類の下に衣装ケースを置きましょう。

衣装ケースは、不透明、半透明、透明タイプがあります。ワンルームのように人に見られる場所にクローゼットがある場合、不透明のものを選ぶと中身が透けません。どこに何が入っているか分からなくなる人は、ラベリングしておきましょう。

 

2.ウォークインクローゼットにタンスを備つけるのもアリ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

yuki (ドキ子)(@yuki_00ns)がシェアした投稿

新築やリフォームをする際、ウォークインクローゼットにタンスを備えつけるのもアリです。備えつけのタンスは、しっかりとした造りで高級感があります。

見た目も重視したい人は、クローゼットのシステム収納を備えつけましょう。

 

3.スーツは上下で分けて収納!スラックスハンガーラックを置く

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Toy(@simple_zyz)がシェアした投稿

ズボン専用のスラックスハンガーラックで、クローゼットの収納力を2倍にしましょう。上にジャケットをかけて、下に置いたスラックスハンガーラックにスーツのパンツをかけます。

スラックス以外のズボンもかけておけるので、男性におすすめの収納アイテムです。

 

4.可動式の棚板をつけてショップ風見せる収納

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

mariko(@marikoo00)がシェアした投稿

ウォークインクローゼットやオープンクローゼットの下のスペースに棚板をつけて、ディスプレイしてもおしゃれ。ハンガーにかける洋服の丈によって棚板の高さを変えられるよう、可動式にすると失敗しません。

たたんで並べると所有している洋服が把握しやすいのもメリット。持っていることを忘れて同じような服を買ってしまう人は、見せる収納で二度買いを防ぎましょう。

 

5.カラーボックスやオープンラックなどの棚を置く

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

OSAMARU(@osamaru030)がシェアした投稿

工事をせずにクローゼットに棚を作りたい時は、既製品の棚を置きましょう。ニトリやIKEA(イケア)ならお手頃価格で手に入れられます。

帽子やバッグなど収納するのにぴったりな棚をクローゼットの下に置いてみましょう。

 

6.カゴを置いて脱いだ衣類の一時置き場にする

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

サンコーホーム(@sanko_home)がシェアした投稿

クローゼット下にカゴを用意して、脱いだ洋服の一時置き場にしましょう。カゴを用意するだけで、脱いだ服が床に散乱することが防げます。

 

7.服を詰めるスーツケースはクローゼットの下にしまう

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

mm(@mozuku.09)がシェアした投稿

旅行で使うスーツケースは、クローゼットにしまっておきたいところ。大きくてかさばるスーツケースは、クローゼットの下に置いておきましょう。床にタイヤの跡がつかないように、キャスターカバーをつけるといいですね。

 

8.シーズンオフの掛け布団をしまう場所として使う

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Megumi Hukui(@megumigumitan)がシェアした投稿

寝室についているクローゼットは、布団をしまう場所としても使えます。布団収納ケースに入れてハンガーにかけた衣類の下に重ねておきましょう。

 

9.靴をディスプレイしてトータルコーディネートを楽しむ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

taka(@_hibino_iro)がシェアした投稿

お気に入りの靴はクローゼットの下にディスプレイするアイデア。棚板やキャスターつきの板を置いてそこへ靴を並べておきます。

靴を見ながら洋服を選べるのはコーディネートしやすいですね。毎日の洋服選びが楽しくなりそうです。

 

10.プチDIY!キャスター付きすのこを使って移動ラクラク

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

我が道ライフ 大木聖美(おおきさとみ)(@wagamichilife)がシェアした投稿

クローゼットのフローリングにカバンを置きたい時、直置きするのはちょっと待ってください。カバンを床に直置きするとほこりがたまりやすいので、キャスター付きのすのこを使いましょう。

ホームセンターで売られているすのこに、買ってきたキャスターを取りつけるだけでOK。すのこ付きキャスターはとっても簡単に作ることができます。床に直接モノを置いているという人は、プチDIYしてみてはいかがでしょう。

 

クローゼット下の収納アイデア10選まとめ

クローゼットの下は、引き出し式の衣装ケースやハンガーラック、棚を置いて収納力をアップさせるのがコツでした。

衣類をしまう他にも、靴をディスプレイしたり、布団やスーツケース置き場としても使えます。クローゼットの下のスペースを有効活用し、使いやすい収納を叶えてくださいね。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!