キッチンスポンジ収納アイデア10選「衛生的で見た目もスッキリ!使い勝手も上々に!」

スポンジで洗う写真

食器洗いに欠かせないキッチンスポンジ。毎日活躍してくれる重要アイテムですが、使い終わった後は水で濡れているので水の切れる場所で収納しないといけないですね。

元々キッチンに備え付けられているラックがあればよいですが無い場合もありますし、備え付けのラックが使い勝手悪いなぁと気になっている方もいるのではないでしょうか。また、水筒を洗うときの柄の長いボトル用スポンジも収納に頭を悩ませるアイテムですね。

衛生的でスッキリ見えるキッチンスポンジの収納アイデアをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサードリンク

 

衛生面が気になる!見た目もスッキリさせたい!キッチンスポンジの収納でよくある困り事って?

様々なスポンジの種類の写真

[1]水切れが悪いと衛生面が気になる

キッチンスポンジは食器を洗うためのものですから衛生面は気になりますよね。水分を長時間含んだスポンジは菌の温床となってしまいますので、特に水切れには気を付けないといけません。

[2]備え付けのラックは掃除が面倒

キッチンに元々備え付けられているスポンジ置き場がある場合、使い勝手が良ければ問題ないですが、そうでもないこともあります。

シンク内を掃除するときにラックを取り外さなければなりませんし、面倒だからとラックの掃除を避けているとすぐにヌメリが発生してしまいます。しっかりしたラックだからこそ、つなぎ目も多くて掃除が大変です。

[3]ボトル用のスポンジは柄が長くて収まらない

水筒を洗うときに便利な柄の長いボトル用スポンジ。でもこれって置き場所がないのよね、とお困りではないですか。

柄が長いからスポンジラックからははみ出すし、立てかけてみてもバランスが悪くて倒れてきたり。シンク上にぶら下げるところがあればそこに吊るすのが良いですが、上に吊るせる場所がない場合はどこに収めればいいのでしょう。

[4]シンク周りをスッキリ見せたい

シンクはいつもスッキリさせておきたいところですが、スポンジに食器用洗剤、たわしやゴム手袋など乾くまでそこに置いておかざるを得ないものがいろいろとあります。なるべくシンプルなシンク周りにするにはどうしたらいいでしょうか。

 

「吊るす・浮かせる」はしっかり押さえつつ、柔軟な発想で

台所でどの場所にスポンジを置くかの写真

[1]吊るす・浮かせるが鉄則!

衛生面を考えてなるべく早く水気をきるには、浮かせる・吊るすがポイントになります。接地面が少なければ少ないほど、乾きやすくなります。洗い物が終わったら、ギュッと絞って上から吊るしたりシンプルな構造のラックに収めることで水切れよく衛生的にスポンジを保つことができます。

[2]思い切って備え付けラックをやめてみる

元々設置してあったから…という理由で備え付けのラックを使い続けていませんか? 思い切って備え付けラックを撤去してみると、こんなにシンクって広かったんだ!と嬉しくなりますよ。

必要最低限のアイテムだけを選べば、大きなラックは必要なかったりします。ラックを掃除する手間もなくなりますね。

[3]ボトル用スポンジは横にする

長い柄のボトル用スポンジは、上部に吊るす場所がない場合は横向きにしてみると場所を選びません。水切れのいい方法で横向きに収納することで、かさばるボトル用スポンジも要領よく収めることができます。

[4]シンクの手前側壁面を活用する

シンク周りをスッキリさせたい場合に有効なのが、シンクの手前側の壁面をスポンジ置き場として利用することです。アイランド型のキッチンでない限り、手前側であれば死角になって見えません。

 

衛生面から「吊るす・浮かせる」ということに注意して、備え付けラックをやめてみたりシンクの手前側を利用してみたり、と自分に合った自由な発想でスポンジ収納の可能性を広げてみましょう。では実際の収納アイデア10選を見ていきましょう。

 

1.ねじりS字フックを使ってスポンジをひっかける

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

つくね(@limetree_30)がシェアした投稿

付属の水切りラックを外した場合に残っている突起を利用してねじりS字フックを取り付けます。90度ねじられたS字フックであることで、ちょうどスポンジがひっかかるようになります。

これぞ必要最低限の部品で構成されたスポンジラック! 水切れもよく、お掃除の際もラクラクです。

 

2.セリア「竿にひっかけられるステンレスピンチ」を逆さまに設置する

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

すず (@suzu_home52)がシェアした投稿

付属のラックがかかっていた突起にセリアの「竿にひっかけられるステンレスピンチ」を取り付けます。挟む側を突起にぶら下げると、フック状になっているところにスポンジを置くことができます。

 

3.無印「ひっかけるワイヤークリップ」で挟んでシンクの上で干す

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@berry.30がシェアした投稿

シンクの上に水切りラックなどがある場合は、そこに無印良品の「ひっかけるワイヤークリップ」をつけてスポンジを挟んでしまいましょう。スポンジをギュっと絞ってからクリップに挟んでおけばすぐに乾くので衛生的です。

 

4.セリア「ハンギングステンレスバススポンジホルダー」を水切りカゴに取り付ける

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

maki(@shu_no_photos)がシェアした投稿

セリアの「ハンギングステンレスバススポンジホルダー」は本来はお風呂のタオル掛けに取り付けて浴室用スポンジを収納するためのものですが、これをシンク横の水切りカゴにひっかければキッチンスポンジの収納にピッタリ。

 

5.タオルバーにワイヤークリップを引っかけてスポンジを挟む

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ゆー(@yu_nhome)がシェアした投稿

シンクの奥の壁にタオルバーを取り付けることで、ワイヤークリップを引っかけられます。食器用のスポンジやシンク洗い用のスポンジ、たわしなど用途別にキッチンスポンジを分けている場合はその数の分だけ引っ掛けることができます。

 

6.面ファスナーをシンク壁面にくっつける

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

NA〜(@with.lattice)がシェアした投稿

裁縫グッズである「面ファスナー」をシンクの壁面に取り付けると、キッチンスポンジがピタっとくっつきます。シンクの手前側に設置すると死角になって見た目もスッキリ! 水滴もシンクの中に落ちるのでしっかり水がきれて衛生的ですね。

 

7.ダイソー「キャッチフック」をシンク壁面にくっつける

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

「まめ’s HOME」まめ嫁(@mameyome68)がシェアした投稿

面ファスナーと同じ原理の商品がダイソーの「キャッチフック」。セリアやニトリにも同様の商品が販売されています。かわいい柄からシンプルなものまでデザイン豊富なのでお気に入りを選ぶことができます。

シンクの壁面に接着させてキッチンスポンジをあてるだけでくっつくのでノンストレスです。

 

8.セリア「フィルムフックスイングタイプ」をシンク壁面に取り付けてスポンジを挟む

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

usagi works(@usagi.works)がシェアした投稿

セリアの人気商品「フイルムフック」シリーズ。キッチンシンクは凹凸がなくてツルツルした素材が多いので、フィルムフックを使ってキッチンスポンジを収納してみましょう。シンク内壁面にフィルムフックを取り付けてフック部分にキッチンスポンジを挟みこめばOKです。

 

9.ボトル用スポンジはセリア「フィルムフックダブルタイプ」に横たわらせる

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

家がどんどん好きになる/ぐうたらんこ(@guutaranko)がシェアした投稿

水筒を洗うときに活躍するボトル用のスポンジは長い柄が悩みどころですが、長いものを吊るすスペースがなければ横たわらせましょう。

セリアの「フィルムフックダブルタイプ」であれば、フック部分が二股に分かれているので、長い柄の部分を横にして収納できます。バランスを考えると真ん中ではなくスポンジに近いところを中心にした方が良さそうですね。

 

10.ニトリの「蛇口にかけるスポンジホルダー3連」を設置する

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Midori Takeda(@marumit)がシェアした投稿

ニトリ「蛇口にかけるスポンジホルダー」はその名の通り蛇口に引っ掛けて3つまでのスポンジを収めることができます。蛇口の真下であれば洗い物中も邪魔にならないし、案外スポンジ収納のベストポジションかもしれません。

 

キッチンスポンジ収納アイデア10選まとめ

キッチンスポンジは「吊るす・浮かせる」が必須ポイントでしたね。思い切って備え付けのラックを撤去して使い勝手の良い収納方法を取り入れてみるのもオススメです。頭を柔らかくしてご自身に合ったアイデアを取り入れてみてくださいね。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!