IKEAのクローゼット収納アイデア10選「衣類や布団をスッキリ整理整頓!」

IKEAのクローゼットの写真

IKEA(イケア)は、北欧スウェーデン発祥の世界最大家具量販店です。IKEAの商品は、全てスウェーデン語。北欧ならではの温かみのある色合いや、おしゃれなデザインが特徴。

クローゼットにIKEAの収納グッズを取り入れたいけど、たくさん商品があるので、どれを選んでいいかわからないというあなた。数ある商品の中でも根強い人気を誇る、クローゼット収納アイテムを使った収納アイデアを紹介します。 

 

 

スポンサードリンク

 

近くに店舗がない!家具を自分で組み立てるのも大変…。

IKEAのクローゼット収納の写真

[1]商品の種類が多すぎて選ぶのが大変!

IKEAの商品は9500点以上あると言われており、年間1/4は新商品と入れ替え、または見直されています。品揃えが豊富な反面、クローゼットの収納グッズを選ぶのが大変。

[2]安いから造り・材質が劣る

他の家具メーカーに比べて格段に安いIKEA。チェストやクローゼットシステムの材質が安っぽかったり、造りがしっかりしていなかったり、クオリティが低いのが気になります。

[3]商品は安くても自宅への配送料が高い

大型の家具や収納グッズをたくさん買うと車に乗りきらないですね。IKEAの配送サービスを利用すると家具は3000円から、小物は990円から配送可能。クローゼットの収納小物をちょっと購入するだけなのに配送料がプラスされると結局高くつくことも。

[4]大型家具の組み立てが大変

IKEAの家具は自分で組み立てを行うことで、安く購入できるシステム。タンスやワードローブなど大型家具の組み立てが結構大変。得意な人はいいですが、組み立てが苦手な人にとっては重労働です。

[5]店舗数が少ないから近くに店舗がない場合も

IKEAは現在日本に十数店舗しかありません。「遠出しないとIKEAに行けない」となると、実際の商品を確認したり、クローゼットの収納グッズを気軽に買い足しできません。

 

簡単に海外風クローゼットが叶う!収納グッズのシリーズは統一して

IKEAのPAXシステムの写真

[1]北欧ならではのデザインで海外風クローゼットが簡単に作れる

IKEAのチェストやワードローブは、モノトーンや北欧デザインでおしゃれなものが多いです。IKEAの家具を使うだけで、海外風のクローゼットに。実際に海外のおしゃれさんはIKEAのワードローブを使っている人も多くいます。

[2]クローゼット内の収納グッズは同じシリーズで統一する

IKEAの商品はシリーズ化されているのも特徴。同じような形の収納グッズでもシリーズが違うとデザインや規格が変わってきます。同じシリーズを揃えるとクローゼットに統一感が出ます。

[3]お得に利用できるIKEAFamilyメンバーに加入

IKEAFamilyメンバーになると商品を特別価格で購入できたり、ドリンクバーが無料になったり、お得な特典を受けられます。入会金・年会費無料なのでクローゼットの収納グッズを購入する際は、加入することをおすすめします。

[4]自分で組み立てられない時は家具組み立てサービスを利用して

IKEAが指定するエリア内であれば「家具組み立てサービス」を受けることができます。サービス料金は、基本工賃5,000円+組み立て希望商品の購入金額の20%。クローゼットで使う大型家具は、組み立てられた商品が届く「組み立て配送パック」やスキルシェアリングアプリANYTIMES(エニタイムズ)のIKEA家具組み立て認定サポーターに頼むのもひとつの手。

[5]セール時期やアウトレット商品もお見逃しなく

IKEAのセールは8月末と12月末の年に2回。廃盤品になる商品を中心に最大70%オフとお得に商品がゲットできます。レジの手前に常設されているアウトレットコーナーには、展示品が安く売られています。クローゼットの収納用品も売られているので要チェック。

 

 

 

IKEAは北欧発祥ということもあり、デザインや色合いが日本では見かけないものも多くあります。クローゼット収納用品を購入する際は、シリーズを統一するとすっきり見えますよ。

広い店舗で見るのと自宅のクローゼットで見るのでは雰囲気も変わってきます。IKEAのアイテムを実際のクローゼットで使った収納アイデアを紹介するので見ていきましょう。

 

1.吊り下げ収納を使うとたたんだ衣類を取り出しやすい高さに置ける

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

izumiarisa(@arizizi0513)がシェアした投稿

クローゼットの下の方にある引き出しは、低くて取り出しづらいという問題があります。そんな問題を解決してくれるのが、たたんだ衣類やバッグをしまうのに最適な吊り下げ収納。

ハンガーにかけておけない衣類やバッグをしまっておくのにぴったり。立ったままでも取り出しやすい位置にくるので、下に置くよりも出し入れが一段と楽になります。

 

2.安いからまとめ買いしやすい!クローゼットのハンガーをIKEAで統一させる

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Anna(@anna_kazuki)がシェアした投稿

クローゼットのハンガーは、統一するとスッキリした印象に。IKEAのハンガーは手ごろな値段なのでまとめて購入しやすいですね。

ハンガーの種類も豊富で、木製、プラスチック製、アルミ製、ホワイト、ブラック、パンツ用、キッズ用もあるので、クローゼット内のハンガー全てをIKEAで揃えられます。

 

3.マルチユースハンガーがあれば、マフラー・ストール・小物類なんでもおまかせ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

airi2(@airino_shumi)がシェアした投稿

たくさんの丸が繋がった形が特徴のマルチユースハンガー。ブログやSNSで見かけたこともあるのでは?

マルチユースハンガーは、インコの止まり木に使っている人も多いですが、本来はネクタイやスカーフを収納するアイテム。それ以外にも、手袋やニット帽も引っ掛けて使えるので、クローゼットにひとつあると便利。

 

4.引き出しの中はskubb(スクッブ)ボックスで仕切りを作って整理整頓

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

赤工友里/整理収納アドバイザー/Y-Style/名古屋(@kazokushuno_yuri)がシェアした投稿

靴下や下着など細々とした衣類の引き出しの中は、仕切りを作って整理整頓したいですね。スクッブボックス6点セットは、引き出しの仕切りとして使えます。

スクッブボックスシリーズの中には、ボックスに仕切りがついているアイテムもあるので、収納する衣類の量で使い分けましょう。

 

5.上段でも引き出しやすい取っ手つきスクッブボックス

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

はるチャンネル(@haruchannel3)がシェアした投稿

枕棚のような高い場所には、取りやすいように取っ手がついている収納ボックスを選びましょう。IKEAのスクッブボックスは、取っ手がついているので高い場所にあっても楽に引き出せます。

蓋がついていないので、頻繁に使うものを入れておくのに向いています。使用頻度が低く、ほこりがかぶると困るようなものは、収納袋に入れてからボックスに入れるようにしましょう。

 

6.布団を立ててしまえるスクッブ収納ケース

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@cafe_closet02がシェアした投稿

布団を重ねて収納していると下のものが取り出しにくくなります。布団や毛布、タオルケットは、取り出しやすいよう、立てて収納したいですね。

スクッブケースはプラスチックの骨組みが入っているので、柔らかい布団や布類を入れてもふにゃっとせずに、立てて収納することができます。枕棚やクローゼットの中段に立てて収納しましょう。

 

7.可動できる棚板が便利!アルゴートシステムでオープンクローゼットを作る

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yuka(@yuka_trainee_06)がシェアした投稿

掃除がしやすいように床に直置きしたくないという人は、部屋の壁に取りつけられるアルゴートシステムはいかがでしょう。

棚柱と棚板、レールを組み合わせて自分好みのクローゼットが作れます。ウォークインクローゼット内に取りつけてもいいですし、部屋の壁に取りつければ簡単にオープンクローゼットが作れます。

 

8.海外風ウォークインクローゼットを作るならPAX(パックス)システムがおすすめ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

もっちゃん(@__t.t__house)がシェアした投稿

おしゃれな洋服やバッグ、ヒールがずらっと並べられた海外のクローゼットに憧れている人は、IKEAのPAXシステムがおすすめ。海外のクローゼットを覗くとPAXシステムを使用している人も多くいます。

ハンガーや棚板、引き出し、パンツラックなど、パーツを組み合わせて自分だけのクローゼットが作れます。浅い引き出しもあるので、別売の小物オーガナイザーを組み合わせれば、アクセサリーや時計も一緒に収納できます。見た目だけではなく機能的なPAXで憧れの海外風クローゼットを作ってみてはいかがでしょう?

 

9.種類豊富!部屋の雰囲気に合わせたハンガーラックが見つかる

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

my(@ku_____415)がシェアした投稿

クローゼットがついていない部屋でコートやワンピースなどハンガーにかけておく時に、ハンガーラックが必要ですね。

商品数が多いIKEAはハンガーラックのデザインも豊富。価格も1000円以下から一万円超える商品まであるので、予算に合わせて購入できるのも嬉しいですね。

 

10.チェストの取っ手を好きなものに取り替えてもOK

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

sachiyoo(@sachiyo422)がシェアした投稿

洋服をたたんで収納したいときは引き出し式のタンスが必要。プラスチックの引き出しケースでは味気ないと感じている人は、木製のチェストを選びましょう。

IKEAのチェストはシンプルなものから、ナチュラルテイスト、モダンテイスト、可愛いデザインのものまでデザイン豊富。チェストの取っ手は部屋の雰囲気に合うものに取り替えてもOK。取っ手を替えるだけでチェストの雰囲気がガラッと変わります。

 

IKEAクローゼット収納アイデア10選まとめ

北欧発祥なだけあって、IKEAのクローゼット収納グッズはおしゃれなものが多いですね。

衣類をたたんで収納するチェストや引き出しの中で使える仕切りボックスなど、すぐにでも取り入れられるアイテムから、新築・リフォームの際に必要なクローゼットのシステム収納まで、品揃えが豊富。幅広いニーズに応えてくれます。

IKEAの収納グッズを取り入れて快適でおしゃれなクローゼットにしてくださいね。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!