コンロ下収納アイデア10選「鍋・フライパンスタンドに立ててスッキリ収納」

 コンロ下収納の写真

キッチンのコンロ下にものを詰め込みすぎて、鍋や調味料が取り出しにくくなっていませんか? いくつも鍋やフライパンが重なっていると下にあるものが取り出しにくいですよね。

調理中に使う調理器具や調味料をしまっておくのに便利なコンロ下収納は、何かとものを詰め込みがち。スムーズに取り出せないと調理に時間がかかってしまいます。

スッキリ整理することで、調理の時短にも繋がります。コンロ下収納のアイデアを紹介するので、こちらを参考に使いやすくしてみてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 

何入れる?高さがあって使いづらいコンロ下収納でよくある困り事って?

鍋、フライパンの写真

[1]観音開きのコンロ下収納は使いづらい

築年数が古い家や賃貸アパートに多いのが観音開きのキッチン収納。観音開きの収納は奥のものが取り出しにくいという欠点があります。観音開きのコンロ下収納を上手く使いこなせていないという人はいませんか?

[2]ガス台下はガス管が通っていて邪魔

コンロ下収納にガス管が通っていると邪魔に感じることはありませんか? ガス管が通って収納ラックを置きたくてもガス管があると置けないという問題もあります。

[3]あれもこれも収納したい!何を入れるか迷う

コンロ下には、鍋やフライパン、調味料、調理器具、色んなものをしまっておきたいですね。あれもこれも収納したくても全部は入りません。コンロ下収納に何を入れて良いか迷ってしまいます。

[4]油のボトルを入れておくと油漏れが心配

炒め物や揚げ物で使う油はコンロ下に入れておきたいところ。でも油のボトルは使っているうちに底がベトベトしてきます。そのまま置いておくと収納場所の中が汚れるのが心配です。

[5]フライパンや鍋が重なっていると取り出しづらい

大きなフライパンや鍋は幅があるので場所を取ります。重ねていると下のものが取り出しづらくなります。鍋を取るのに時間がかかると調理時間が伸びてしまいます。

[6]オーブンがビルトインのキッチンは収納がないことも

オーブンがビルトインされているキッチンは、コンロ下に収納がついていないことも。コンロ下に収納がないと、鍋やフライパンをどこにしまうか悩んでしまいます。

 

収納ラックでフライパンや鍋を収納!コンロ周りで使う調理器具や調味料をしまおう 

キッチンの写真

[1]ガス台周りで使うものを中心に考える

収納スペースには限りがあります。あれもこれも全てはしまっておけません。コンロ下の収納には、ガス台周りで使う調理器具や調味料を収納しましょう。

[2]コンロ下には毎日のように使う鍋やフライパンを優先

同じような鍋やフライパンを複数持っていても、頻繁に使う鍋は決まっているのではないでしょうか? あまり使わないけど、来客があった時に使う、冬場は使うなど、年に数回しか使わない使用頻度の低い鍋は別の場所にしまっても問題ありません。

[3]ラックを使って鍋やフライパンを整理しよう

鍋やフライパンを収納する際は、重ねていると下のものが取り出しにくいですよね。ラックを使ってひとつずつ置く。スタンドラックを使えば立てて置くこともできます。

[4]調味料類は液漏れ対策しておく

コンロ下に調味料を置いておくと、調理中に取り出してすぐに使えます。使っているうちにボトルの底がベトベトになるので、プラスチックケースに入れる、キッチンペーパーを敷いておくなど液漏れ対策をしておきましょう。

[5]省スペースで収納できる鍋やフライパンを選ぶ

一人暮らしの1Rや団地、アパートのキッチンは収納が十分についていないことも。最近では、ひとつ二役の鍋、取っ手を取り外して重ねて収納できる鍋やフライパンも売られています。収納が少ないときは、省スペースで収納できる鍋を選びましょう。

 


 

コンロ下には、毎日使う鍋やフライパン、調味料を優先して収納しましょう。ベトベトになりがちな調味料は、直接置かずキッチンペーパーを敷いたケースに入れるなど工夫が必要です。それでは実際のコンロ下の収納アイデアを見ていきましょう。

 

1.開き戸のコンロ下収納にはニトリのシンク下ラックを置く

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

kana(@noll_kana)がシェアした投稿

開き戸タイプのコンロ下収納は高さがあり、そのまま使用すると上の空間がデッドスペースになってしまうので収納ラックを置いて使いましょう。

ニトリのシンク下ラックはコンロ下でも使えます。種類も豊富で、プラスチック、ステンレスラックと素材も選べます。重い鉄製の鍋をおく時は、耐久性のある丈夫なものを選びましょう。

 

2.重ねて使える100均のディッシュラックをフライパンラックとして使う

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

i . c a n a(@c.a.n.a.29)がシェアした投稿

賃貸の観音開きキッチンで、あまり調理器具を持っていないから小さなラックがほしいなという人はいませんか? そんな時は、お皿で使うディッシュラックをフライパンラックとして使うのはいかがでしょう。

重ねて使える100均のディッシュラック。1段の高さがあまりないので、フライパンを収納するのに向いています。フライパンが重なっていないので、使いたい時にサッと取り出せます。セリアやダイソーでお安くそろえることができますよ。

 

3.100均の突っ張り棒とワイヤーネットであっという間に可動式棚の完成

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

hiyocokuma(@hiyocokuma)がシェアした投稿

コンロ下の開き戸収納には棚板がついていないことがほとんどです。棚板があると上下で使えるのでとっても便利。

突っ張り棒とワイヤーネットで簡単に棚板を作ることができます。突っ張って設置するので、好きな高さに取り付けることもでき、収納するものに合わせて高さを変えられるのもポイント。

 

4.100均のジョイントA4ラックを鍋・フライパン置き場にする

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@_rant_3_0_がシェアした投稿

鍋やフライパンをひとつずつしまいたい時は、ジョイントA4ラックを使って収納するアイデアも。本来書類置き場として使うジョイントA4ラックを重ねてラックを作り、フライパンや鍋蓋置き場として使います。

ジョイントパーツを使えば、高さを変えることもでき、ある程度高さがある鍋もしまえます。「高さが合わなかった」という失敗がないように、手持ちの鍋やフライパンの高さを測ってから購入しましょう。

 

5.100均のワイヤーネット×結束バンドで鍋・フライパンのサイズに合わせたラックを作る

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ORIE SAKUMA(@ojaja_)がシェアした投稿

収納スペースを無駄なく使いたい人は、鍋やフライパンにぴったりサイズのラックを作りましょう。ワイヤーネットを結束バンドで繋げるとラックを作ることができます。

重い鉄製の鍋を乗せるとワイヤーが曲がってしまう可能性があるので、テフロンコートの軽めの鍋やフライパンを乗せるのに適しています。

 

6.山崎実業のtowerシリーズ調味料ラックで取り出しやすく

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@chanpi0204がシェアした投稿

引き出しタイプではない収納は奥にあるものが取り出しづらいという問題があります。奥の調味料ボトルは前のボトルを出さないと取り出せないという煩わしさはありませんか?

山崎実業のtower(タワー)キッチンストッカーの調味料ラックは、ボトルを斜めに寝かせることで、奥行きと高さ両方を活かして収納できます。

 

7.重ねると取り出しづらいものはtowerシリーズ鍋・フライパンスタンドに立てて収納

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

kurasso powered by マイナビウーマン子育て(@kurasso)がシェアした投稿

重ねると取り出しづらいものは、立てて収納したいところ。鍋やフライパンもスランドラックを使って立てて収納しましょう。

tower(タワー)シリーズ鍋・フライパンスタンドは、鍋やフライパンはもちろん鍋蓋も収納可能。仕切りは可動できるので、鍋の幅に合わせて仕切りを動かせます。これでいちいち重なった鍋を持ち上げる面倒がなくなります。

 

8.引き出しに無印良品ファイルボックスを入れて立てて収納

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@1202ririhomeがシェアした投稿

専用の鍋・フライパンスタンドがなくても、ファイルボックスを使えば立てて収納することができます。

コンロ下の引き出しに無印良品のファイルボックスを入れて、そこへフライパンや鍋蓋を立てておきましょう。ファイルボックスは直角なので、隙間ができずにぴったりと収まります。

 

9.セリアのストレージケースに食品をストック

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

chelucy_my_home(@chelucy_my_home)がシェアした投稿

システムキッチンの中には引き出しが2段になっているものもあります。引き出しは上から一気に見渡せるので食品の在庫管理にぴったりの場所。

食品をそのまま引き出しに入れているとごちゃごちゃになってしまうので、収納ケースに入れて整理するのがおすすめです。ケースによって入れるものを決めておけば、少なくなったものが一目でわかります。

 

10.油漏れしても安心!ニトリのファイルボックスに調味料を入れる

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

tony(@____tonygram)がシェアした投稿

油のボトルは使っているうちに底がベトベトになってしまいます。そのまま置いておくとコンロ下が油まみれになってしまうことも。そうならないためにも、収納ケースに入れておきましょう。

ニトリのファイルボックスは、幅が広いワイドタイプもあり、油ボトルはもちろん、酒・みりん・醤油などの調味料類も一緒に入れられます。ファイルボックスの底にキッチンペーパーを敷いておくと、掃除の際にペーパーを交換するだけで済みます。

 

コンロ下収納アイデア10選まとめ

コンロ下の開き戸収納は、ラックを置くことで高さを活かして収納しましょう。引き出しタイプは収納ケースを使って仕切りを作るのがキレイを保つコツです。

引き出しタイプは使いやすいと思う方法は人それぞれ。どんな方法で収納すると使いやすいかいろいろ試してみましょう。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!