折り紙収納アイデア14選「100均やハンドメイドのアイデア満載。作品作りをもっと楽しく!」

折り紙の作品の写真

折り紙と聞くと「子供の遊び」と思いがちですが、最近ではデザインペーパーと呼ばれ、海外でも人気になっています。

ツルや手裏剣を折るだけじゃなく、箸袋やポチ袋を作ったり、ラッピングペーパーとして使ったり実用性の高いアイテム。かわいい柄やおしゃれな柄が多く、コレクションしたくなるくらいデザインバリエーション豊富。

そんな折り紙ですが、かわいい柄を見つけるとついつい買ってしまいがち。大量の折り紙の保管方法にお困りの人も多いのでは? 今回はそんなかさばる折り紙に特化した収納アイデアを紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

大量にあると探すのが大変!折り紙の収納でよくある困り事って?

 散らかった折り紙の写真

[1]大量にある折り紙の保管方法に困る

一枚一枚は薄くても何百枚と集まると結構かさばる折り紙。和柄はもちろん、アニマル柄、モノトーン柄、花柄などさまざまな柄と素材があり、コレクションとしての折り紙の保管方法に困っていませんか? 時間がある時に眺めたり、すぐに使えるようにもしておきたいですよね。

[2]お目当ての折り紙を探すのに時間がかかる

ひとつにまとめて収納しているとお目当ての柄、色の折り紙を見つけるのに時間がかかることも。探すのが大変だとその分作品作りの時間が減ってしまいます。必要な折り紙をすぐに見つけられるようにするにはどのように収納するのがいいのでしょう。

[3]折り紙を折った後リビングが散らかる

折り紙の収納方法にも悩みますが、子供が折り紙を使った後リビングが散らかるのも悩みのひとつ。せっかく作った折り紙をすぐに捨てるのももったいないし、「捨てないで!」と言われると捨てるに捨てられません。作品の保管方法に悩んでいる人も意外と多いのでは?

 

色別・柄別に分けて収納!持っている量・用途によって収納方法を変えよう 

折り紙の写真

[1]大量にある折り紙は色別・柄別に分けて収納しよう

折り紙が大量にある時は、色別・柄別に分けて収納しましょう。種類毎に分けるのは収納の基本です。一色毎に分けなくても、寒色系、暖色系に分けるなどざっくりでも分けると使いやすくなります。

[2]家で使う?持ち運ぶ?使用する場所によって収納方法を変えよう

子供がいる家庭ではレストランでの待ち時間やお受験の待ち時間に折り紙をさせるという人もいることでしょう。自宅での収納方法と持ち運ぶ際の収納方法は違うので、用途に合った収納方法を選びましょう。

[3]専用の収納用品を買うorハンドメイドする

折り紙専用の収納用品が売られています。お手軽に済ませたい時は、既製の折り紙ケースを購入すると手っ取り早いです。反対に自分で収納用品を手作りする方法もあります。折り紙を趣味としている人は手先が器用な人が多いので、オリジナルの折り紙収納用品をハンドメイドするのも楽しいかもしれません。

 

 

色と柄が豊富な折り紙は、種類別に分けて収納すると必要なものがすぐに見つけられます。外出時に使いたい場合は持ち運びに適した収納方法を取り入れましょう。

折り紙収納ケースは既製品を購入するか、自分で作る方法があります。どんなアイデアがあるか早速見ていきましょう。

100均や無印良品の収納用品を使ったアイデアや家にあるもので手作りできるアイデアもあるので参考にしてくださいね。

 

1.セリア・キャンドゥのスクエアファイルでお気に入りの折り紙を整理整頓

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

あやか(@bunguu4)がシェアした投稿

色んな種類の折り紙を持っている人は、種類別に分けられる収納用品を選びましょう。

一冊につき10種類の折り紙が収納できるデザインペーパー用スクエアファイルが人気。スクエアファイルは、セリアやキャンドゥで手に入れることができます。ページをめくって柄を確認できるので、コレクションしている人にもぴったりの収納アイデア。

 

2.自立しない折り紙はクリアファイルを使って立てて収納しよう

こちらは自宅に余っているクリアファイルを活用したアイデア。薄くて自立が難しい折り紙はクリアファイルに入れると立てて収納することができます。

A4サイズのクリアファイルをカットして使ってもいいですし、A5サイズのクリアファイルなら切らずにそのまま使えます。重ねないで立てることで出し入れがスムーズになりますよ。

 

3.ダイソーの折り紙ケースは小さい子でも持ち運びらくらく

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

優(@hidamari_biyori)がシェアした投稿

持ち手がついた収納ケース。折り紙ケースは通販サイトでも購入できますしダイソーで売られています。

持ち手がついていると小さい子でも持ち運びがらくらく。お出かけする時バッグ感覚で持ち運びできるので、自分で持ちたいという子におすすめです。

 

4.セリアの蓋つきケースのスクエアタイプが折り紙収納にぴったり

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

まぁ(@maa_365)がシェアした投稿

シンプルなデザインの収納ケースを探している人はセリアの蓋つきケースはいかがでしょう。セリアの蓋つきケースはさまざまな形があります。その中でスクエアタイプが折り紙を収納するのにぴったりサイズ。ケースはスタッキングすることもできます。

 

5.パッとみて分かりやすい!折り紙ケースにラベリングしよう

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

蒼井 皐月(@stardropshine)がシェアした投稿

セリアの折り紙ケースは透明で外からでも何色が入っているのか分かりやすいですが、重ねると横からしか見えません。折り紙は横からだと何色が入っているか分かりづらいということもありますよね。

不透明なケースはもちろん、透明なケースでも文字が書いてあると分かりやすいのでラベリングしておきましょう。

 

6.100均のWファスナーケースなら小さい折り紙も一緒に収納できる!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ayrk2020(@ayrk_2020)がシェアした投稿

100均で必ず見かけるファスナーつきのビニールケース。ポケットがついているWファスナータイプは、ミニ折り紙を一緒に収納したい時のお役立ちアイテム。

サイドポケットは小さな折り紙以外にもフレークシールなど細々としたものを入れておくのにぴったり。このままバッグに入れて持ち運ぶこともできますよ。

 

7.ちょっとしたお出かけに便利!ジップロックの袋に入れて持ち運ぶ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

MyHome3LDK(@na.na.na.31.home)がシェアした投稿

チャックつきの保存袋はどの家庭にもひとつはあるのではないでしょうか? わざわざ収納ケースを買い足さなくても、ジップロックを使って折り紙を収納しちゃいましょう。

折り紙より少し大きいサイズを選ぶと中でぐちゃぐちゃになりません。お出かけ時にも自宅での保存にも、どちらでも使えるナイスアイデアですね!

 

8.携帯に便利なクリアファイルの折り紙ケースを手作り

手先が器用な人や工作が好きな人は、収納用品もハンドメイドしてはいかがでしょう。クリアファイルとマスキングテープで簡単に折り紙ケースを作れます。

こちらはお出かけ時に便利な折り紙ケース。作り方はクリアファイルを折り紙のサイズにカットして、端をマスキングテープでくっつけていきます。蓋部分にマジックテープやマグネットをつけて完成。とっても簡単なので家にクリアファイルとマスキングテープがあったら作ってみたいですね。

 

9.ハンドメイド派に絶大の人気!封筒を蛇腹にした折り紙収納ファイル

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yumi(@yumi635)がシェアした投稿

ハンドメイドの中でも絶大な人気のある折り紙収納ファイル。外側は薄めのダンボールを切って、折り紙とマスキングテープで装飾。内側の折り紙を差し込む部分は、封筒を切って両面テープで繋げて蛇腹にしています。お気に入りの折り紙を使って世界でひとつだけのオリジナル収納ファイルを作ってみてはいかがでしょう。

 

10.たっぷり収納できる!折り紙収納ボックスの作り方

「折り紙をたくさん持っている」「買い足して今ある場所に入り切らない」という人は、空き箱を使って折り紙収納ボックスを手作りしてみませんか?

箱は折り紙を立てて収納できる大きさを選びます。100均などの正方形の箱を選ぶといいでしょう。封筒を繋げたものを箱にセットして仕切りにします。お好みで仕切りの数を変えられるのはハンドメイドならではのメリットですね。

 

11.ハサミやクレヨンも一緒に収納!セリアのA5ドゥロワーボックス&ラックにグルーピング

 

折り紙は折るだけじゃなく切って使うこともありますよね。また折った作品にクレヨンで顔を書いたりなど、折り紙と一緒に使うものは近くに収納しておきましょう。

セリアのドゥロワーボックスはA5サイズ。ラックと合わせて使うと引き出しとして使えます。重ねて「この段は折り紙」「この段はハサミ」「この段はクレヨン」など段によって入れるものを変えてもいいですね。

 

 

12.オープンラックは取り出しやすい!無印良品のアクリル小物ラックでワンアクション収納

子供に折り紙でたくさん遊んで欲しいと思うなら、すぐに折り紙が取り出せる方法で収納しましょう。

無印良品のアクリル小物ラックはオープンラックになので、蓋を開ける、引き出しを引き出す必要がなくワンアクションで使えます。またラックが斜めになっているので、折り紙が取り出しやすくなっています。ラックは3段なので同系色に分けてもいいですし、個並べて色別に収納してもきれいです。

 

13.棚がスライドする折り紙キャビネットをDIYしよう!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ayakko(@ayako7079)がシェアした投稿

DIYが好きな人は折り紙専用のキャビネットを制作するのもあり。板はホームセンターでカットしてもらえるので、あとはボンドや釘を使って組み立てるだけ。折り紙の収納棚はDIY初心者でも作れるサイズです。

棚板は固定せず角材の上にのせるだけにしておけば、手前にスライドさせることも可能。引き出して使えるのでさらに使いやすさもアップ!

 

14.子供作品保存にも。100均の書類ケースを折り紙入れにする

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

OURHOME(@ourhome305)がシェアした投稿

折った後の折り紙も一緒に収納できるようにするとリビングが散らかりません。100均の書類ケースは厚みがあり、折り紙で作った作品も一緒に収納できます。普段は書類棚や本棚に立てて収納しておけば場所も取りません。

書類ケースはしっかり蓋が閉まるので安心して持ち運びできますよ。

 

折り紙収納アイデア14選まとめ

さまざまな種類の折り紙収納アイデアを紹介しました。持ち運ぶか家の中で使うかでも収納方法が変わってくるので、シーンに合わせて収納方法を使い分けるのがコツです。

手軽に収納したいなら専用の折り紙ケースを使う。工作が好きな人は段ボールや封筒を使って収納ケースを手作りしてみるのも楽しそうです。

折り紙をどのように収納するかによって作品作りにも影響してくるので、こちらの記事を参考に使いやすく収納してみてくださいね。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!