なるほど!誰でも片づけ上手になる「整理の手順」3つのステップ

西﨑 瞳

西﨑 瞳

整理収納コンサルタント、整理収納アドバイザー

「整理の手順」3つのステップ

 

 

片づけようと思って、お家の収納をゴソゴソしてみるものの、思い出にふけったり、ないと思っていたものが見つかったりして、思うように片づけられなかったという経験は、誰しも1度はあるのではないでしょうか。
やみくもに片づけるのではなく、整理の正しい方法を知ってから片づけると、無理なく簡単にスッキリできますよ。

そこで今回は、誰でも片づけ上手になる「整理の手順」3つのステップをご紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 1. 収納の中のモノを全て出して、全体量を知る

テーブルや床など広い場所を作り、引き出しやクローゼットなど、収納の中に入っているモノを一旦全て出してみましょう。 広い場所にどんどん自由に出してください。いらないモノを間引いて捨てたり、出した時にキレイに並べたり、種類に分けることはしなくて大丈夫です。忘れていたモノや思い出深いモノが出てきても、手を止めず、何も考えずに収納からモノを出してくださいね。 

立体に収納されているモノを平面に並べてみると、大抵の人はその出てきたモノの量にとても驚かれます。収納に納まっていると、中に入っているモノの量を把握するのは難しいものです。テーブルや床に広げることで、一目で全体量を知ることができますよ。 

注意したいことは、クローゼットやキッチンのように収納量がとても多い場所は、アイテム数もとても多いです。一度に中のモノを全て出してしまうと、出し入れの時間とこの先の作業でとても時間がかかり1日がかりになってしまいます。まずは、引き出し一つから始めるか、作業スペースを区切って取り出してみて下さいね。

 2. 「使っているモノ」と「使っていないモノ」の2つに分ける

まだ使える、新しいからと言って「要る」はやめましょう。 今「使っている」のか「使っていない」のかで判断し2つの山に分けましょう。ただ、3年や5年も前に使ったモノまで「使っている」とすると、収納スペースは瞬く間にいっぱいになってしまいます。目安は「1年以内に使ったモノ」=「使っているモノ」と考えてみましょう。例えばお洋服ですと、礼服のような特別なモノを除いて、この1年間で袖を通したかどうか、というように考えてみて下さいね。 全て分けると、「使っているモノ」の山は案外少ないものです。

よく心配されるのが「使っていないモノ」はすぐに捨てないといけないのか、ということです。「使っていないモノ」に分けたからといって、すぐに捨てるのではありません。ここでは単純に2つの山に「分ける」作業をするだけです。捨てる作業はここではしませんので、安心して「使っているモノ」と「使っていないモノ」の山に分けてみてくださいね。捨てなくていいと思えるだけで、作業はグンとはかどりますよ。

 3. 「使っているモノ」を収納に戻し、それ以外は別の場所に移動、もしくは処分する

「使っているモノ」の山にあるものは、そのまま元の収納に戻しましょう。収納スペースは随分スッキリしたのではないでしょうか。1年間で使えるモノは案外少ないものです。 元に戻す時にはぜひ、使いやすい・取り出しやすい方法で収納してくださいね。取り出しにくいと、いつの間にか「使わないモノ(1年間使わなかったモノ)」になってしまいます。モノは使われないと、もったいないですよ。

「使っていないモノ」の山の中にある、ごみや必要のないモノは処分しましょう。ごみは捨てやすいですが、必要のないモノの判断が難しいかもしれません。この時に、モノを種類別に分けてみましょう。同じものや似たモノがいくつもありませんか?まだ使えるから残すのではなく、これからも「使うモノ」を厳選し、それ以外は必要のないモノとして思い切って処分してみて下さいね。

捨てずに置いておくモノは、元に戻さず別の場所に移動させましょう。ただし、しまい込むと日の目を見ることがなくなりますので、箱などに入れて、目につく場所に置いてくださいね。箱には中身がわかるようにラベル書きをし、保管期限を1年と決めてこれも箱に書いておきます。1年以内に使った場合は元の収納へ戻し、1年過ぎて使わなかったモノは処分するといいですよ。

 

いかがでしたか。
この3つの整理の手順を使って、引き出し一つなど狭い範囲から試してみてください。コツをつかめると整理が楽しくなりますよ。
毎日少しずつ継続していくことが大切です。気になっているところから早速始めてみてくださいね。いつのまにか片づけ上手になっていますよ。

西﨑 瞳
この記事を書いた専門家:西﨑 瞳

やさしいお片づけ『悠々閑閑yuyu-kankan』

整理収納コンサルタント。お子様がいるご家庭や現場でのお困りごとに「やさしいお片づけ」をご提案。簡単便利な情報をご紹介。2歳の息子のママ。
ブログ:悠々閑閑~整理と収納のコツ~

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!