頼ることから始めませんか?介護疲れを防ぐ収納術

竹内 香予子

竹内 香予子

cataso編集長 整理収納アドバイザー

044700

 

日本は4人に1人が65歳以上という超高齢化社会を迎えています。その数は団塊の世代が75歳以上となる2025年には、更に増えると推定されています。老いた両親や配偶者とどのように暮らして行くか。今や介護は誰もが直面する課題となっています。

特に介護は子育てと違い、「いつ終わるか分からない」という特徴があります。
また、日を追うにつれ手がかかるようになるため、介護を支える家族に大きな負担を強いることとなります。 

そこで今回は、介護に携わる家族の負担を軽減し介護が続けられる状態を維持するため、「収納」という切り口から5つのステップを紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

1、「人に頼る」ことへ頭をシフトチェンジ

まず初めに、「人に頼る」ことを、よしと考えてみましょう。入浴、排泄、食事の介護や、掃除、洗濯、通院の送迎の介助等は介護保険の適用範囲内なので、1割の自己負担でサービスを受けることが出来ます。「介護はプロに」と割り切ることが肝心です。いつ終わるか分からないからこそ介護する側が息切れしない様、ご自身のメンテナンスにも目を向けるよう心がけてください。そうすることで、家族にしか出来ないケアに時間を割くことが出来きます。

 

2、人に頼る為に収納を見直す

ヘルパーさんが来るたびに、介護に必要な物を準備したり収納場所を教えたりしていては、余計な作業が増えるだけで本末転倒です。誰がいつ来てもどこに何があるか分かる状態を整えておけば、説明の手間が省けます。そして、誰かに介護を任せている間は自分の時間を確保することが出来ます。

 

3、作業ごとに必要な物をセット収納

具体的な収納の見直し方法の一つが、作業ごとに必要な物を一まとめにして保管する「セット収納」の導入です。例えば、食事の場合おしぼり、エプロン、介護用食器、スプーンなど、口腔ケアでは吐き出した水を受ける容器、歯ブラシ、歯間ブラシ、コップ、入れ歯洗浄剤など、それぞれ一作業ごとに一つのカゴなどで保管します。

 

4、収納場所を決めて定位置で管理

セット収納した物は収納場所を決めて、いつでも定位置で管理するようにしましょう。食事介護の為に使う道具は、食器棚の真ん中、口腔ケア道具は洗面所の引き出しなど、作業の動線も考えて収納場所を決めるとより便利になります。

 

5、収納場所にラベルを付けて情報共有

決めた収納場所に目印として「ラベル」をつけてあげましょう。シールでもマスキングテープでも良いので「食事介護用品」「口腔ケア用品」など、出来るだけ目立つように書いておくと、誰でもどこに道具があるか分かる様になります。

 

介護の基本は、人に頼ること。頼る為にどうすれば良いか考えると気持ちが楽になりますよね。

収納の見直しで、誰が来ても安心して介護を任せられる環境を整えることができ、介護疲れを防ぐことが可能になります。介護する側もされる側もお互いが家族として幸せな時間が過ごせるように、是非試してみてください。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!