レシート整理どうしてる?ジャバラ式で一括管理「確定申告」も慌てない

井上 知恵子

井上 知恵子

整理収納アドバイザー

レシート整理1

確定申告に必要なレシートや領収書は、保管しておかなければいけないのが難点。レシートや領収書を整理するのが苦手な方には「簡単に続けられる」が一番ですね。確定申告に必要となる書類は、全て一括管理が出来る仕組みが便利です。一ヶ所にまとめておくだけでも、あちこち探さず慌てずにすみます。

 

スポンサードリンク

 

■1. レシート整理はジャバラ式がおすすめ

保管や管理が大変なレシートと領収書。ちゃんと管理しておかないと、どんどん溜まってしまいますね。そこでジャバラ式の便利なグッズを利用しましょう。

レシート整理2

semacドキュメントスタンド の便利な点は、アコーディオンのように伸ばして間口を広めて使う事が出来る事。ビヨーンと伸ばして置いておけば、片手でポイポイ仕分けが出来るのです。

■2. 月別に放り込むだけでOK

レシート整理3

semacドキュメントスタンドのA4タイプを12か月で仕分けしています。その中へ、ひとまずポイポイ入れていくだけ。時系列にしておければ更に良いですが、まずは月別に仕分けが出来ているだけでも随分と違って来ます。レシートを入れる前には「どこで何に使ったのか」をしっかりとレシートの裏に書き込むクセを付けておきましょう。

■3.「13ポケット」が便利

例えば、確定申告の書類や控除に必要な書類は、13番目のポケットにまとめて入れる事ができます。薄型の計算機を入れて置いても便利ですね。

■4.月末の帳簿記入も簡単

月別ポケットからレシートや領収書を一旦取り出し、月末には帳簿記入もしておきましょう。銀行やクレジットのデータも出力して、該当する月に入れておきましょう。

■5.申告終了したらまとめて別保管で、繰り返し使える

確定申告が終了したら、後はこれらを全てまとめて保管ボックスへ移動します。1月からは再び同じファイルを繰り返し使う事ができますよ。もし3月ギリギリまで出来ないという方は、2つ用意して交互に使って行くと良いでしょう。あくまでも1年分のみで管理するようにしてくださいね。

確定申告の前に慌ててレシートの整理をしなくても、これを使って月別に管理しておくだけでグンと時短に繋がりますよ。

(著:井上知恵子/cataso専門家ライター)

井上 知恵子
この記事を書いた専門家:井上 知恵子

『ラクで楽しい暮らしづくり=RAKURASHI』

整理収納アドバイザー。3人育児でも出来る!快適でラクな暮らし=RAKURASHIを提案しています。
ブログ:RAKURASHI〜整理収納で日々の暮らしをラクに楽しく!〜

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!