リビングより収納場所の広さを重視!?「子育てと住まい」アンケート結果発表

子育てと収納

アンケート内容:子育てを考慮して住まい選びをする際、重要だと思う住居の条件は何ですか(n=393)

野村不動産アーバンネット株式会社は、2015年1月29日~2月9日に、子育て中の男女393人に「子育て視点」からの住まい選びについてアンケートを実施しました。現在子育て中のパパやママは「子育てと住まい」に、どのようなコダワリをもっているのでしょうか。

子育てを考慮して住まい選びをする際に重要だと思う住居の条件を聞いたところ、1位が「日当たり、風通しがよい」71.5%、2位は「収納が多い」47.8%となりました。次いで「耐震性に優れている」42.2%、「防犯・セキュリティーがしっかりしている」41.5%、「リビングダイニングが広い」39.2%の順となりました。間取りの面では「リビングダイニングの広さ」よりも、「収納スペースの広さ」を重視されている方が多いということがわかります。

新築の場合は、間取りプランニングの工夫で収納スペースを増やせます。自宅にあるモノの量を把握して、どの部屋に何を置くかを決めておくとスムーズに計画できますよ。マンションなど既に収納スペースが決まっている場合は、突っ張り棒などを使った隙間収納がおすすめ。また「モノを厳選する、増えた分は減らす」など収納ルールを作れば、少ないと思っていた収納スペースが、良い「お片付けサイクル」を作ってくれるかもしれません。

アンケート結果の詳細は、子育てと住まいを考える情報サイト「ノムコム with Kids」でご覧いただけます。

「ノムコム with Kids」URL:http://www.nomu.com/withkids/enquete/vol01.html

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!