収納の満足度と住まいの満足度は比例する⁉

273c9746ec110388d56fad2bd7d96681_s

株式会社SuMiKaは、2015年5月14日~5月22日に持家一戸建てに住む、全国20代以上の男女17,737名に「家のこだわり」と「リフォーム」に関する調査を行いました。


img_69711_2

 

スポンサードリンク

 

アンケート内容:リフォームで改善したい住まいの悩み(n=17,737)

「いま住んでいる家に不満を感じることはありますか」との質問に対し、なんらかの不満を感じると答えた「不満派」が約58.6%、不満を感じないと答えた「満足派」は約41.4%でした。「不満派」のうち、約44.0%の方は住んでから5年未満で不満を感じています。住まいに関するプランニングの大切さと難しさが感じられますね。

「リフォームで改善したい住まいの悩みはなんですか」の問いには、約21.5%の方が「収納を増やしたい」と回答しています。続いて約20.5%が「効率的な動線にしたい」、約13.1%が「もっと広くみせたい」と回答。現状よりもスッキリと片付いた住まいにしたい、という方が多いことがわかります。

最近は中古住宅を購入して、自分らしい住まいにリフォームして暮らす人々が増えています。5年後10年後にも満足して暮らせる住まいをつくるためには、「我が家の収納力」を具体的に分析し改善を図ることが重要。優先順位を決めてプランニングを進める、妥協しない項目を決める、ということも、満足できるリフォームにつながるポイントと言えそうです。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!