軽くてシンプル!高いトコロの収納に「無印良品のソフトボックス」が大活躍

中西 彰子

中西 彰子

整理収納アドバイザー

main出典:http://cataso.jp

皆さんは、クローゼットや押入れ、廊下収納の高い所の収納スペースをどのように活用されていますか?この高い所にある収納スペースを効率よく使いやすくする為には、収納用品の選び方も大切です。

私が愛用している「無印良品の「ポリエステル綿麻混・ソフトボックス」をご紹介しながら、そのポイントをお伝えします。

 

スポンサードリンク

 

■取り出しに負担がかからない「軽い素材」

sub1出典:http://cataso.jp

ポリエステル・綿・麻主体の素材ですので、押入れやクローゼット用のプラスチック製の収納用品などと比べると軽く、高い場所からの取り出しが楽に行えます。

体に負荷の掛からない収納を普段から意識して、収納用品を選ぶようにしておくと片付けや掃除がラクになります。

■「取っ手」にラベリングできて、中身が把握しやすい

sub3出典:http://cataso.jp

このソフトボックスは、通常ラベリングに使用するラベルシールは貼り付けにくい素材ですが、取っ手が付いているのでひもを通したタグなどにラベリングが可能です。高い場所の収納はパッと見て中に何が入っているかを分かるようにしておくと、いちいち降ろして確認する手間が省けます。

■使わない時はたためるので、かさばらない

sub5出典:http://cataso.jp

使わない時はたためるのでかさばらず、次に使う時までの収納場所に困りません。ダンボールは保管している間に水分や衝撃などで劣化しやすいですが、このソフトボックスは丈夫で劣化しにくいです。

■ダンボール箱より劇的に見た目がスッキリ

引っ越し時のダンボール箱をそのまま使用されている方もいらっしゃいますが、社名が入っていたり、長年置いておくと劣化が進んだりして、見た目にもあまりよくありません。

無印のソフトボックスはデザインがシンプルで、劣化しにくい材質ですので、ダンボール箱より劇的に見た目がスッキリします。高い場所は使用頻度の低いものを置く事が多いため、見た目は後回しにしがちですが、そういった部分を整えていくとお家に対する満足度が上がります。

■蓋付きを選べば、ホコリも気にならない

蓋付きのタイプを選べば、衣類やバッグ等ホコリが気になるものの収納にも安心です。次のシーズンまで出番を待つ衣類やバッグ、季節飾りの収納にもオススメです。

 

いかがでしたか?収納用品を揃えるのにはお金が掛かりますが、収納もインテリアの一部と捉えると、更にお家に愛着が湧きますし、片付けのモチベーションもアップします。但し、先に収納用品を揃えず、必ずモノの要不要を判断して不要なモノを処分してからにして下さいね。

(著:中西 彰子)

スポンサードリンク

中西 彰子
この記事を書いた専門家:中西 彰子

心地いいお部屋づくりを心を込めてサポート

整理収納アドバイザー。奈良でお片付けレッスンを行っております。片付けやすい仕組みを作ることで、お客様が快適に暮らせるようお手伝いさせていただきます。
ブログ:ここちいいへや

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!