自宅避難の想定を!備蓄収納を見直して防災対策をはじめよう

img_72295_1出典:http://cataso.jp

三井不動産レジデンシャル株式会社は、防災対策を紹介する公式YouTubeチャンネル~みんなの住まい~で、「家具転倒防止対策編」「防災グッズの備蓄編」を公開しました。防災のプロである東京消防庁と、防災対策をより広く知ってもらう活動をしているNPO法人プラス・アーツの協力により、制作された動画です。

動画では、消防庁担当者が「家具転倒防止」の対策や、わずか1分程度で家具固定ができることを紹介。家具が転倒したり破損した状態では、自宅避難にも支障をきたしますよね。

家具の配置の見直しや転倒防止の対策を行うなど、日頃から地震に備えた住まいづくりを考えておきたいもの。災害時にケガを負うリスクを抑えるためにも、床にモノを直接置かずにすむような収納の工夫も大切です。

動画では、「ローリングストック法」についても、わかりやすく解説しています。ライフラインの復旧や支援物資の到着までに必要になる非常食は、「ローリングストック法」で日頃の食材を食べながら買い足して備蓄するのがおすすめ。自宅避難生活を想定して、安全な部屋の維持や備蓄について改めて考えてみましょう。

●三井不動産レジデンシャル株式会社 公式YouTubeチャンネル

「家具転倒防止対策編」URL: http://youtu.be/0hfyKH07Ezg

「防災グッズの備蓄編」URL: http://youtu.be/FheoNcNDMxM

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!