突っ張り棒とIKEAの生地で作る!部屋のくぼみに簡易クローゼット収納

佐々木 弓子

佐々木 弓子

整理収納アドバイザー

収納便利アイテムの突っ張り棒を活用すると、お部屋のくぼみや家具の間にクローゼット収納コーナーを作ることができますよ。空いたスペースがあれば手軽に作れますし、収納量も増やせます。

今回は、突っ張り棒に、更にIKEAの生地をプラスして、簡易クローゼット収納コーナーを作りましたのでご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■部屋のくぼみに簡単クローゼット収納コーナーを

我が家の子供部屋のくぼみにこれまであったタンスを移動させたので、空きスペースができました。

そこで、このくぼみエリアに、突っ張り棒とIKEAの生地で、簡単でおしゃれなクローゼットコーナーを作ることにしました。

■突っ張り棒を上下に2本取り付け、掛ける収納

sub1出典:http://cataso.jp

まず、突っ張り棒をくぼみに上下2本渡して、ハンガーを掛けられるようにします。突っ張り棒は、後で洋服の重みで落ちてくることが無いように、強度のあるしっかりしたものを選んで下さい。

ここでは、平安伸銅のジャッキ式の突っ張り棒を使用しています。天井から床まで空間が使えて、突っ張り棒なので高さ調整も自在にできます。

例えば、上段にオフの洋服、冠婚葬祭用のもの、下段にはアクティブに着ている服など、一定の基準を決めて吊るしておくといいですね。

■下の空いたスペースにはカゴ収納

sub2出典:http://cataso.jp

更に、下の方に空いたスペースができたら、カゴ収納に活用すると、空間を無駄なく使えます。我が家では、バッグ類(お出かけ用、子供の習い事バッグなど)をカゴ収納しています。

■IKEAの生地+突っ張り棒で簡単カーテンをプラス

sub3出典:http://cataso.jp

オープン収納も使いやすいですが、お部屋をすっきり見せるため、IKEAの生地を使って、簡単にカーテンを作りました。といっても、四方をミシンがけするだけ。これを、リングが付いたバネ式の突っ張り棒を使って吊るします。

 

ちょっとしたくぼみの空間や家具の間を利用すると、こんな簡易クローゼット収納コーナーを作ることもできますよ。カーテンも気分に合わせて変えてみてくださいね。

(著:佐々木 弓子)

佐々木 弓子
この記事を書いた専門家:佐々木 弓子

モノを減らして、モノを照らす整理収納のヘラス☆テラス's

さいたま大宮 3姉妹の母 B型主婦です。モノを減らすことは難しい。大切なコト、モノが見えてくる整理収納を通して全力でサポートします。
ブログ:整理収納のヘラス☆テラス´s さいたま大宮 川越

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!