圧縮しても元に戻ってしまうのは何故?布団収納に便利な「圧縮袋の正しい使い方」

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

gatag-00010120かさばる布団収納に便利な圧縮袋。圧縮しても少し経つと膨らんでいることはありませんか?
もしかしたら、使い方を間違っているのかもしれません。布団圧縮袋の正しい使い方についてご質問をいただきましたので、ご紹介いたします。

【質問】

布団圧縮袋で空気を抜いた時はペタンコなのに、数日経つと空気が入り膨らんでしまいます。しっかりと圧縮袋のチャックも閉じていますが上手くいきません。他のメーカーの圧縮袋を使ってみても同じようになってしまいました。空気の抜き方にコツがありましたら教えてください。

【回答】

■布団収納圧縮袋を使う前のひと手間がカギ

布団圧縮袋のチャックの内側を、固く絞った雑巾で拭いてから使用するようにしてください。

たいていの圧縮袋には、使用前の注意事項として説明書に書かれています。この作業をしないと圧縮袋のチャックの密閉度が下がってしまい、そこから空気が入ってくることがあります。

■空気を抜きすぎないよう、丁寧に圧縮袋を扱う

布団圧縮袋の圧縮は、1/3程度にとどめるようにしてください。こちらも注意事項として記されています。

固くなるまでしっかり空気を抜いた状態は、1/3を超えていると考えられます。空気を抜きすぎると袋に負荷がかかり、ちょっとした刺激でも小さな穴が開いてしまうことがあります。

100均で販売されている圧縮袋は、少し素材が薄いですがこのようなことに気をつけて、丁寧に扱えば問題なく使用できます。

 

私もいろいろな布団圧縮袋を使いますが、基本の使い方を守れば100均のものやバルブ式など方式が違っても問題なく使用することができました。布団圧縮袋を使う際にはぜひ参考になさってください。 

(著:芝谷 浩)

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!