タンスよりプラスチック衣装ケース!引っ越しもラクになる「転勤族の収納用品の選び方」

田辺 直巳

田辺 直巳

整理収納アドバイザー

転勤収納ケース

全国の転勤族の皆様、収納に悩んでいらっしゃいませんか?引っ越しのたびに家具の配置やレイアウトが変わり、収納をうまく生かせない。

今回はそんな転勤族の方が収納用品購入時に特に気を付けるべきポイントをまとめてみました!

 

スポンサードリンク

 

■転勤族におすすめは「プラスチック製衣装ケース」

木製のタンスなどの大型家具は、引っ越しの時に、中身を段ボールに詰めたり出したりする手間がかかり、更に、運搬時に歪んでしまうことがあります。

そこで便利なのが、プラスチック製衣装ケース。中身が入ったまま運んでくれる事も多く、引っ越しの手間を削減できるので、我が家では、衣類だけでなく思い出の品や消耗品のストックなど、様々なモノの収納に使用しています。万が一運搬時に破損することがあっても、プラスチック衣装ケースならば、すぐに買い替えることもできますね。

■転勤族に使いやすい、プラスチック衣装ケースのポイント

プラスチック衣装ケース

●大きさはクローゼットサイズが安心

使いやすい衣装ケースの大きさは、クローゼットサイズのもの。シンプルな引き出しタイプが良いでしょう。

押し入れサイズを購入してしまうと奥行きが長すぎてクローゼット内に入らないことがあるので注意です。 毎回必ず押し入れがある家とは限りませんので、どんな収納にも対応できるサイズが安心です。

●色は、白や半透明がおすすめ

プラスチック衣装ケースは、大きさもそれなりにあるので、どうしても家の中で存在感が出てしまいます。このように存在感があるものをカラフルにしてしまうと、色の刺激が強くなんとなく頭が疲れてしまうことも。

衣装ケースの中に入れるお洋服が色付きであることが多いので、色は白や半透明、黒などを選ぶと良いでしょう。 半透明のものを選んだ時は、引き出しの手前、外から見えるところに、白い紙やプラスチック段ボールを入れると中の物の色が目立たなくなりますよ。

●全国どこでも買い足しできるメーカーを選ぶ

転勤族の方は同一県内だけではなく他県への移動がある方が多いでしょう。家の間取りが変わって「ここに衣装ケースがあと一つ欲しいな」と思った時、全国どこでも同じものをまた買い足せるメーカーの衣装ケースにしておくと良いですね。例えば、無印良品などの収納メーカーのものがお薦めです。メーカーが違う衣装ケースは重ねても安定感に欠け、揃っていないと並んだ時の見た目も悪くなってしまいます。 全国展開していないメーカーの収納ケースや大量セットの収納ケース、その時限定のキャラクターデザインなどで揃えてしまうと、後で買い足しに苦労するかもしれません。

 

転勤族の収納にはプラスチック製衣装ケースが強い味方! ただしサイズやデザイン、色、購入できるお店などはよく吟味して購入してくださいね。

(著:田辺 直巳)                         

田辺 直巳
この記事を書いた専門家:田辺 直巳

トランク一つで旅に出たくなるような軽やかなライフスタイル

現役転勤族の経験で学んだモノに囚われない軽やかな暮らし方。たくさん抱え込んだ重い荷物を降ろしてトランク一つで旅に出たくなるような軽やかなライフスタイルを目指してみませんか?

ブログ:Simple&Clean お片付けレッスン Fujinao 現役転勤族が教える身軽なライフスタイル【千葉 整理収納アドバイザー】

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!