突っ張り棒一本で「羽毛布団のお手入れ」をぐっと楽に!室内干しのアイデア

田辺 直巳

田辺 直巳

整理収納アドバイザー

photo (3)_Fotor出典:http://cataso.jp

だんだんと寒くなり、恋しくなるのが羽毛布団。 でも羽毛布団は天然素材ゆえにお手入れにコツがあるのをご存知ですか? 簡単なお手入れのポイントを覚えてこの冬、快適な睡眠を手に入れましょう!

 

スポンサードリンク

 

■1.羽毛布団は直射日光が苦手

よい羽毛布団はきちんと手入れをすれば20年持つそうです。一番痛みやすいのは実は布地の部分。

布地の痛みや汚れを避けるためになるべく天日干しは避けましょう。天日干しをするのは月に1回程度、午前10時~15時までの間で、表裏各1時間程度にとどめるのが無難です。

天日干しをする際には、布地の保護のために掛け布団カバーはつけたまま干しましょう。もちろん干している時に布団叩き等で叩くのも厳禁! 中の羽毛がちぎれてしまう恐れがあります。羽毛布団は優しく取り扱ってあげましょう。

■2.室内での陰干しに「突っ張り棒」を活用

羽毛布団突っ張り棒出典:http://cataso.jp

直射日光が苦手な羽毛布団の普段のケアは室内干しがベスト。

寝室に「突っ張り棒を一本」取り付けることで、起きてすぐの体温や湿気を含んだ羽毛布団を、すぐに陰干しすることができます。寝室の窓を開けておけば部屋の換気もできますし、布団の風通しもよくなります。

更に、床に何もない状態になるので掃除機をかける時に邪魔にならないのも魅力的ですよ。

突っ張り棒を取り付ける際には、次の2点に注意しましょう

●1つ目は突っ張り棒の選び方

羽毛布団の重量に負けない強力タイプの突っ張り棒を使います。

●2つ目は、突っ張り棒を取り付ける場所

万が一、就寝中に地震などが起きることも考えて、突っ張り棒が落ちてきても怪我をしないように、体の上は避けて設置するようにしています。

■3.羽毛布団の臭いが気になる時は?

羽毛布団出典:http://cataso.jp

羽毛布団は天然の素材を使用していますので、どうしても臭いが気になるときがあります。 特に雨の日など湿度が高い日には臭いが増すようです。

そんな時には、羽毛布団を小さく折りたたみ中の空気をよく押し出します。それを2~3度繰り返して羽毛布団内の空気を入れ替えた後、風通しのよいところで3~4時間室内干しをします。

 

寝室に、強力突っ張り棒を設置するだけで、布団を干すのがぐっと楽になりますよ。こまめに陰干しをすることで羽毛布団も長持ちしますし、快適な睡眠にもつながります。

又、布団を干さない日にはシーツなど寝室で使うものを干しておくこともできますし、雨の日は、お洗濯物の室内干しにも活用できます。ぜひお試しくださいね!

(著:田辺 直巳)

スポンサードリンク

田辺 直巳
この記事を書いた専門家:田辺 直巳

トランク一つで旅に出たくなるような軽やかなライフスタイル

現役転勤族の経験で学んだモノに囚われない軽やかな暮らし方。たくさん抱え込んだ重い荷物を降ろしてトランク一つで旅に出たくなるような軽やかなライフスタイルを目指してみませんか?

ブログ:Simple&Clean お片付けレッスン Fujinao 現役転勤族が教える身軽なライフスタイル【千葉 整理収納アドバイザー】

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!