思い出収納箱「おもいでBOX」使ってみました 〜cataso編集長〜

竹内 香予子

竹内 香予子

cataso編集長 整理収納アドバイザー

DSC06022+

catasoオリジナルの収納箱「おもいでBOX」。家のあちこちにしまってある、大小様々な思い出の品を集めて楽しく収めることのできる、思い出専用の1箱を作りたい。そんな想いから「cataso」のお片付けのプロが知恵を出し合い生まれた、思い出の物専用の収納箱です。

早速、cataso編集長の私も「おもいでBOX」を使ってみました。

DSC05922+

●まず家の中に散らばる「思い出の物」を集めます

実は、我が家には「おもいでBOX」らしき箱はもともとあり、何となく捨てづらい物をその箱にため込んでいましたが、思い出専用の収納箱は初めて。

早速、ワクワクしながら、家の中に散らばる思い出の物の整理に取り掛かりました。

そもそも竹内家は、10月に引っ越ししたばかり。中古マンションを買って、暮らしに合わせてリフォームしたので、引っ越し後の部屋は結構片付いているつもりでいました。

でも、思い出の物捜しをスタートすると、使う物も思い出の物も一緒に棚や箱の中に詰め込まれていて、中がごちゃごちゃでよく分からない状態になっていることが判明してしまいました。そして、すっかり忘れていた、あんなものやこんなものが…。

DSC05948+

まずは、ウォークインクロゼット。壁面の棚の中にあるイケアのファイルボックスで、公共料金の明細や郵便物などを保管していました。これ、実はいつの間にかルールが曖昧になり、今では捨てる判断すら先送りして、そのまま放置している状態です。

中を確認すると、「あれ?」。7年前の結婚式の準備資料がポケットファイルにきれいに保管されているではないですか!出欠確認の返信はがき、席次、当日のタイムスケジュール、見積もりもありました。「こんなん、まだあったんや~」。かなり驚きでした。

DSC05956+

次に、リビング。壁一面が本棚になっているのですが、ここにも怪しげなファイルボックスが。中を見てみると、取説やリフォームの見積もりなどが詰め詰め状態。

そのすき間をよく見ると、郵便物をまとめたクリアファイルがあり、ドリカムライブのフライヤーや友達からもらった年賀状もここに押し込められていました。ちなみに私、ドリカムの大ファンなんです。

DSC05977+

その横には大学時代に友達からもらったぬいぐるみと、夫が送別会でもらったぬいぐるみが一緒に並んでいます。これも話せば長~いエピソードがあって、見ているだけでサークル活動に明け暮れた青春時代を思い起こし胸が熱くなりました。

DSC06095+

続いて本棚の上段の箱。
この中には、新卒で入社した新聞社のエントリーシートや内定通知書が入っていました。「御社を志望した理由は……」。就職活動での先の見えない不安、受かったときの喜び。見ていると、当時の自分が鮮明に蘇ります。更に、旦那に初めてあげたバレンタインのチョコレートのケースが…。これは私じゃなくて、夫の思い出の品なので、彼に返してあげるとしよう。

DSC05969+

ふと見ると、テレビ台に怪しげな収納スペースが…。扉を開けると、使っていなCDやDVDがびっしり!恐る恐る内容を確認すると、中国留学時代に買ったワンフェイのCD、チャンイーモーの映画、結婚式の写真データのDVDなどが音楽CDの間に紛れていました。

●集まった大切な「思い出の物」たち…。感謝の気持ちに

DSC05976+

部屋の中から集めた思い出の物。こうして並べてみると、私っていろんなことにチャレンジしてきたんだな、改めて大切な仲間に支えられてきたからなんだ、としみじみ。そして、夫と出会って今がある、と自然に感じることができました。思い出の物は、自分のこれまでを俯瞰してみるきっかけになりますね。

●ここで「おもいでBOX」の登場。更に選別して収めていきます

思い出の品が集まったら、次は整理の作業に取り掛かります。ここで「おもいでBOX」の登場です。何を「おもいでBOX」に収めていくのか考えながら進めていきます。

よく見ると同じような写真があったり、今はそんなに必要じゃない物・夫の思い出の物が紛れていたりします。学生時代のやんちゃな自分を見てちょっとむず痒い感じがしたり、今は会えない人を想ってさみしい気持ちになったり、湧き上がる色々な感情を噛みしめながら、思い出を選別して、取り出しやすいようにまとめていきました。

●仕切り箱を使うと、綺麗に収めることができました

DSC06030+

作業を進めると、こんなにゴチャゴチャしていたのが、整理されまとまった状態に。

DSC06038+

仕切り箱に細かい物をおさめて、仕切り箱に入らなかった物は上から乗せると、全ての物が綺麗におさまりました。

●「おもいでBOX」はリビングの本棚に。いつも見守ってくれそうです

DSC06056+

大切な物をいっぱい詰めた「おもいでBOX」。リビングの本棚にしまうことにしました。思い出がいつも近くにあるのって何かうれしい。

???????????????????????????????

予想以上に思い出の品って、家中に紛れているものですね。思い出の品が紛れているから、何となく捨てられず片付けられていない場所や、蓋をして隠して片付いていると勘違いしている場所もありました。

思い出の品を集めてみると、様々な発見があり、これからどんな思い出がこの中に加わるのか楽しみになってきました。

 

続きはこちら

 

 

特集ページボトムバナー

 

この記事が気に入ったら今すぐシェア!