思い出収納箱「おもいでBOX」使ってみました 〜整理収納コンサルタント 笹田 奈美子〜

笹田 奈美子

笹田 奈美子

整理収納コンサルタント、終活カウンセラー、デジタル収納サポーター

お片付けって「疲れる」「面倒くさい」という思いが先行してしまうことも多いかもしれません。
catasoオリジナルの収納箱「おもいでBOX」は、家のあちこちにしまってある、大小様々な思い出の品を集めて収納する、思い出収納箱です。

1

ワクワクした気分で、思い出を箱に詰めるところから始めてもいいのでは?そんな想いから、「おもいでBOX」の開発に携わらせて頂きました。

■思い出の品がバラバラに置かれていませんか?

お片付けをする中で、捨てられないものの代表に「思い出の品」があります。

今は全く使ってないし捨ててもいいのだけれど…と思いながらも、手にしたら懐かしさがこみ上げてきてなかなか捨てられない。でも、無理して捨てる必要はないのかもしれません。それぞれの大切な思い出ですから。

ただ、その大切な思い出が、引き出しの奥に無造作におかれていたり、普段使う収納の中に居座っていて、今使いたいもの、入れたいものを邪魔していたりする場合も少なくありません。

■「おもいでBOX」が生まれたきっかけ

1人1人に大切な自分の思い出があるはず。
自分がずっと大切にしたい思い出のものを集める所から始まる「お片付け」を形にしたいという想いからスタートしました。

3

整理収納の考え方に、「思い出は持つ量を決めて、ひと箱にまとめると管理しやすい」というものがあります。

それなら、大切な思い出をひと箱にまとめて「自分だけの思い出の箱」を作ってみてはどうだろう!というのが「おもいでBOX」の誕生のきっかけです。

4

長く大切な思い出の品を収納できるような上質な箱。

小さなものでも収納しやすい様に小箱を入れて仕切りにもできる設計、押入れの上段や本棚にも収納しやすいサイズなど、使いやすい工夫を繰り返しみんなで考えました。

■思い出収納のコツは、「これだけは!」と思うものから集めること

5

思い出の品といっても、どこから手を付けたらいいのか分からないときは、これだけは大切に残したいと思うものから集めてみて下さい。

お片付けってやろうと思うと、しんどくてなかなか重い腰があがらない方も多いかもしれません。でも、自分の好きなモノ、大切に残しておきたい!と思うモノなら、ワクワクしながら集めることができると思います。

6

それが「おかたづけ」を始めるきっかけになって、少しずつ自分の暮らし方や理想のお部屋に近づいていくのが理想です。

■私が「おもいでBOX」に収納したい大切なもの

子供の時のもの。母子手帳やへその緒。先日、母が私にくれた私の小学校の時の旅日記。小さい時に家族と出かけた旅行をまとめたものなので、大切に持っておきたいものの1つです。

7
そして、学生時代のもの。部活のユニフォームは、もう全く着ないのですが思い出を残しておきたくて、畳んで収納ケースの奥の方に入れていました。

■いつか子供が自分で思い出を箱に詰めてくれるとうれしい

8

大切な思い出が一カ所にある、思い出の箱を開けた時、「わぁ、なつかしいなあ。」となるシーンを想像したら、ワクワクして笑顔になりますね。私だけでなく、家族にも共有できそうです。

今は、家族の思い出のものも私が管理して残していますが、いずれ子供達自身が自分の「おもいでBOX」に詰めてくれるとうれしいです。

■減らすというより選ぶ、そんなお片付けもいいですね

9

生きている限り思い出って増えていくので、持ち続けるにはスペースに限界があります。

だから選ぶ必要が出てくるのも仕方ないこと。でも、減らすというより残したいものを選んでいく感覚で、お片付けできるといいですね。

10

好きな思い出や懐かしいあの頃の品を集める→更に箱に入れたいものを選ぶ→完成!楽しいお片付けがあってもいいんじゃないかなと思います。

最後に、可愛い小箱「おもいでBOXmini」を作りました。これは、付属の取扱い説明カードの右側部分を切り抜いて組み立てると出来上がります。

sasada_8_2016-12-11 035+

思い出の写真が入ったUSBなどを収めるのにピッタリですね。

私はぜひこの「おもいでBOX」をいつか母にもプレゼントしたいです。母親って子供のものは整理していたりするけど、自分の思い出って結構ほったらかしで。

一緒に箱を詰める時間を持ってみたいです。思い出話に花を咲かす時間を持つ機会が出来れば嬉しいです。

(著:笹田 奈美子)

 

続きはこちら

 

 

特集ページボトムバナー

 

笹田 奈美子
この記事を書いた専門家:笹田 奈美子

時間と空間を生み出す!モノの活用術をあなたへ

置いているだけのモノを、もっと活用できる形にしてみませんか?
好きなものをぐっと側に、捨てるだけではない整理収納をご提案しています。
ブログ:居心地のいい部屋 -cozyroom-

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!