ここに収納棚が欲しい!突っ張り棒よりも専用アイテム「突っ張り棚」をおすすめする理由

田辺 直巳

田辺 直巳

整理収納アドバイザー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クローゼットや押入れなど、収納スペースを増やしたいという時に便利なアイテムの突っ張り棒。でも、「棚を作りたい」というのであればもっと適したアイテムがあるのをご存知ですか?

収納棚を作りたいなら、突っ張り棒よりも、専用アイテムの「突っ張り棚」がおすすめです。

1.なぜ突っ張り棒じゃないの?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

突っ張り棒の使用方法はたくさんありますが、その一つに欲しいところに「棚を作る」という使い方があります。例えば、突っ張り棒を2本渡してその上に板を渡すと、突っ張り棒で棚を作ることができます。ただ、この方法で作ると、板が固定されていないと、板が落ちてくる危険性もありますね。

突っ張り棒は、モノを掛ける収納にはとても適していますが、「上にモノを載せたい」のであれば実はもっと適した商品があるのです。

2.収納棚を作るなら「突っ張り棚」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

突っ張り棒と突っ張り棚の違いは「一本の棒なのか、棚になっているか」です。
収納を増やす目的が「上にモノを置きたい」ということであればオススメなのは断然突っ張り棚です。その一番の大きな理由はやはり安定感です。

例えばカバンを収納したい時、突っ張り棒収納では、2本の突っ張り棒を渡してその上にカバンを収納することになります。載せることはできますが、真ん中が空いていることで型崩れにつながりますし、突っ張り棒に板を置いても、板が固定されていませんので安定感がありません。

でも、突っ張り棚であれば、複数の棒で底面を支える構造なので、収納したモノの形状も変わることなく安定します。もちろん、上に板などを載せる必要はありませんので、落下物の危険も減ります。

3.段差があっても使える突っ張り棚も

突っ張り棚は知っていたけど、梁などの段差があると使えないのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。最近は、段差があっても使える突っ張り棚も出ています。幅広く利用できそうですね。

 

収納棚を作りたい時、便利なアイテム突っ張り棚。突っ張り棚は、横同士が連結されているので、突っ張り棒を何本も設置するよりも安定感があり設置も簡単です。皆さんも突っ張り棚を活用してみてくださいね。

田辺 直巳
この記事を書いた専門家:田辺 直巳

トランク一つで旅に出たくなるような軽やかなライフスタイル

現役転勤族の経験で学んだモノに囚われない軽やかな暮らし方。たくさん抱え込んだ重い荷物を降ろしてトランク一つで旅に出たくなるような軽やかなライフスタイルを目指してみませんか?

ブログ:Simple&Clean お片付けレッスン Fujinao 現役転勤族が教える身軽なライフスタイル【千葉 整理収納アドバイザー】

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!