ハンガーの選び方は?洋服を大事に収納するポイントはハンガーにある!

澤田 真美子

澤田 真美子

整理収納アドバイザー 防災・減災アドバイザー

ハンガー

最近では、洋服をたたんで収納するよりもハンガーにかけて収納するという人も増えてきました。

また、普段着はたたんで収納していても、スーツやコートなどは多くの方がハンガーを使って収納されているのではないでしょうか。ハンガーは、洋服をさっと掛けられシワにならず、収納上手になれるアイテムです。ハンガーの選びのポイントをご紹介します。

■ハンガーにかけている時間は、着ている時間より長い

スーツでもコートでも、実際着ている時間よりも長い時間ハンガーにかけています。
洋服を大事にするためにも、その洋服にあったハンガーをえらび、きちんと管理しておくことで、お気に入りのお洋服を長く大事に着ることができます。

■ハンガーにも種類がたくさん!

ハンガーと言っても、お手軽な「針金ハンガー」クリーニング屋さんでかけてもらう「プラスチックのハンガー」、すべらないように起毛の加工がされている「スエードハンガー」、スカートもはさめる「クリップ付きのハンガー」、ちょっと高級感のある「木のハンガー」など様々な種類があります。

一体どんなハンガーを選んだらいいのか迷ってしまいますね。

■ハンガーは洋服の種類・素材で選ぶべし!

クローゼットを開けた時、ずらりと同じ種類のハンガーで統一されていると、見た目がスッキリします。しかし、無理に統一させる必要はありません。

例えば薄手の、襟元が大きくひらいた服はすべりおちやすいので、起毛加工されたスエードのハンガーが便利です。また、スーツやコートといったものは木製のハンガーや、厚みのあるプラスチックのハンガーが型崩れしません。見た目だけでそろえてしまうと、お気に入りの洋服にダメージを与えてしまうこともあります。

洋服や素材によってハンガーを使い分けることをおすすめします。

■ハンガーは使う人の好みも重視しよう

bbecdaeafcfe85212f24cde4a2ceda9f_s

クローゼットの中や、パイプハンガーにかかっている洋服が、すべて同じ種類のハンガーで統一されていたら見た目もきれいですね。しかし、洋服をかけている間に型崩れしてしまったり、取り外したりするたびにストレスを感じてしまうことのないよう、どんなハンガーがいいか検討する必要があります。

スエードのハンガーは、すべらないから好きだ、という人もいれば、スエードのハンガーは取りにくいから面倒だ、という人もいます。また、木のハンガーは高級感があるから好きだ、という人もいれば、木のハンガーはクローゼットのパイプにたくさんかけられないから嫌だ、という人もいます。

このように、使う人によってハンガーの好みも分かれてきます。

ご家族の中でも、ハンガーの好みが分かれることがあるので、「見た目がきれいだから」という理由だけでハンガーを統一させてしまうと、使いにくいと感じることがあります。

ハンガー選びは、見た目だけで選び、無理に統一させる必要はありません。

 

お気に入りの洋服だからこそ、長く大事にきたいですよね。ハンガーは、使う人の好み、洋服のデザインや、素材によって使い分けることをおすすめします。

ハンガー選びの基準として参考にしていただければ幸いです。

 

(著:澤田 真美子)

澤田 真美子
この記事を書いた専門家:澤田 真美子

安心・安全な暮らしのためのおうちづくり

整理収納アドバイザー。防災を意識した、安全で快適な空間をつくるための整理収納方法をお伝えしてします。

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!