母から子へ思い出をバトンタッチ。長男の「おもいでBOX」作り〜整理収納アドバイザー井上知恵子〜

井上 知恵子

井上 知恵子

整理収納アドバイザー

IMG_3243

長男はもうすぐ小学校卒業を迎える時期。
そこで、卒業後に不要になるであろう小学校生活で使ったモノの整理も兼ねて、これから先、何を残したいのかを自分で考える良い機会だとcatasoオリジナルの思い出収納箱「おもいでBOX」を使って、一緒に長男の思い出整理をする事にしました。

■初めての自分専用「おもいでBOX」にワクワク

IMG_3212

今までは引き出しの中で使うモノと一緒になっていた思い出のモノ達。自分専用の「おもいでBOX」を見た長男からは喜びの声が上がりました。何でも「自分のもの」というのはテンションがあがるもの。

IMG_3213

楽しそう!と思わせるのも一つのお片づけの原動力に繋がります。
「おもいでBOX」はブラックのSサイズを選びました。
カッコよくて頑丈、そして特別感を感じられて長男にピッタリだったようです。

■机の整理も兼ねて思い出の品を厳選

IMG_3228

まずは「おもいでBOX」に入れるモノを厳選していくことからスタート。長男にも分かりやすいようにシートを敷いてやり、そこに集めるように伝えました。

今までは机の引き出しの中だけだった「大事なものを入れる場所」。「大事なもの」というだけで使っているのかいないのか、私は知らない状態で保管されていたので、ついでに机の中の整理も兼ねる事が出来ました(笑)

■私が残しておいた思い出を引き継ぐことに

IMG_3217

長男が集めた量は意外と少なめだったので、私が子供のために、と取っておいた記念になりそうなモノを、今回引き継いでみる事にしました。

いつか本人へ贈ろうと決めて、生まれた時から作っていた長男の記念アルバム。その他、学校でもらった賞や修学旅行の写真など。今までは私が管理していたモノですが、話し合った結果、これからは長男本人が管理する事になりました。

■子どもに引き継ぐ作業で気付いたこと

IMG_3269

一緒にやってみて、長男がどういうモノを大切にしたいのか、という基準や考え方などを知る事が出来て、母親として思わぬ収穫がありました。

残念ながら大きさが合わず入れる事は出来ないランドセルも、長男が一番に「残したい」と決めたモノ。やはり6年間使い続けたランドセルへの思い入れがあるのだな、と何だかジンワリ。

IMG_3272

その他「おじいちゃんに買ってもらったから」「頑張って作ったから」など、本人なりの思い出の理由がちゃんとある。

IMG_3214

説明書のミニBOXについては付録づくりを楽しむように組み立てて修学旅行のお土産を「タイムカプセルみたいだ!」と嬉しそうに入れていました。

IMG_3234

今回、私が残しておいた思い出の品を引き継ぐ事にした結果、改めて長男と向き合う時間を取る事が出来ました。

なぜこれを残していたのか?という母の想い、アルバムを見ながら長男への想いを語った作業は長男にとっても、幸せな時間だったようです。

IMG_3280

長男が自分で仕切りBOXの入れ方を重ねる状態にしたいと決めてやっていました。

IMG_3282

この幸せな気持ちが沢山詰まった「おもいでBOX」の収納場所は、もちろん長男に決めてもらい、長男の机の上に収める事に決まりました。(邪魔にならないように本人なりに工夫していました)

「このBOX一つに入るだけ」「定期的に見直そうね」とルールを決めたので、親子で思い出を語り合う時間を定期的に持てる楽しみが増えました。長女や次男のBOXも一緒に作ろうと思います。

(著:井上 知恵子)

 

 

特集ページボトムバナー

 

井上 知恵子
この記事を書いた専門家:井上 知恵子

『ラクで楽しい暮らしづくり=RAKURASHI』

整理収納アドバイザー。3人育児でも出来る!快適でラクな暮らし=RAKURASHIを提案しています。
ブログ:RAKURASHI〜整理収納で日々の暮らしをラクに楽しく!〜

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!