「いいアイデア」は「いい環境」から生まれる。キレイなだけじゃない、ひらめきを生みだす環境の「整え方」が学べる本 発行

コクヨ式机まわりの整え方

身の回りがキレイに整理整頓されていると、頭の中もスッキリとして、よいアイデアが出てくるとよく言われます。
でもキレイなだけで、よいアイデアが生まれてくるのでしょうか。
新しいアイデア文具を次々誕生させているコクヨ株式会社から、ひらめきを生みだすための環境の「整え方」が学べる本が発行されました。
 

『コクヨ式 机まわりの「整え方」』では、オフィス環境と知的生産性に関する考え方等を分かりやすく解説しています。

著者の齋藤敦子さんは、同社の研究組織である「WORKSIGHT LAB.」の所長。オフィス家具も手掛ける同社は自社の研究組織でよりよいオフィス環境のあり方、働き方について研究し、提案・情報発信をしています。本書もその研究成果をまとめたものになっています。 

その内容は「文具は引き出しの中ではなく、ペンケースにしまう」といった文具の収納法から、打合せスペースから仕切りをなくし円卓を置いてオープンな場所にすることや壁全体をホワイトボードにして自由なアイデアの発表の場にすることなどのオフィス環境のあり方まで。
家庭や個人で、また会社の中で取り組みやすい提案がされています。
 

ひらめきを生みだす身の回りの「整え方」。あなたも身近なところから始めてみませんか。 
 

『コクヨ式 机まわりの「整え方」 ―社内で実践している「ひらめきを生む」3つのコツ』

コクヨ株式会社 WORKSIGHT LAB.所長 齋藤敦子 著

出版社:株式会社KADOKAWA

定価:1,404円(税込)

 

WORKSIGHT LAB
http://www.kokuyo.co.jp/com/press/2012/08/1289.html

 

働くしくみと空間をつくるマガジン[ワークサイト]
http://www.worksight.jp/

 

 

この記事が気に入ったら今すぐシェア!