無印ファイルボックスと不織布仕切りケースでプロジェクターを美収納

川根 礼子

川根 礼子

整理収納アドバイザー

無印PPファイルボックスワイドと不織布仕切りケース

最近購入にして我が家に入ってきたプロジェクター。おうちに新たな物が入ってきた時にはちゃんと居場所を決めてあげなければいけません。物が帰るべき住所を決めてあげると、散らからず、探し物がなくなります。

というわけで、セミナーで相棒となるプロジェクターはよく使用する物として片付け場所を決定。美収納を目指して、無印良品のファイルボックスと不織布仕切りケースを使った収納方法を考えてみました。

 

スポンサードリンク

 

プロジェクターの小物はたくさん。ケーブルもいっぱいで美収納しづらい

プロジェクター

シンプルなエプソンのプジェクターでコンパクトなのですが、プロジェクター本体、電源ケーブル、パソコンとの接続ケーブル、リモコンなど、小物がたくさんあります。

パソコン関連なのでコード類がごちゃごちゃしていて、美収納には難敵ですね。
適当に片付けてしまうと、毎回出す時に使いづらくなっていきそうです。

 

紙袋に入れてざっくり片付けしちゃうとこうなります

プロジェクター紙袋

片付けの居場所としては、パソコン関連の物が入っているファイルボックスの棚の上。
ケーブルなどのコードやリモコンを一式セットにして紙袋にざっくり入れてみました。

セミナー関連の物を片付けているファイルボックスと同じ場所なので、動線的にも無駄がなくてOK。

でも、さすがにこれは見た目が残念。美収納を目指している私としては気分が上がりません。

というわけで…

 

無印良品のポリプロピレンファイルボックスワイドを活用

無印良品のポリプロピレンファイルボックスワイド

美収納を目指しているからには、ここは妥協せずいきたいと思います。
棚に統一感を持たせたいので、無印良品のファイルボックスを活用してみました。

ポリプロピレンファイルボックスのスタンダードタイプ、横幅が大きなワイドを使用しています。

 

棚にはパソコンコーナーとしてファイルボックスを並べて活用しているので、横並びにすると見た目もスッキリ。横置きしていた紙袋が縦置きのファイルボックスになってスペース的にも有効活用できました。

 

ファイルボックスの中には無印良品の不織布仕切りケース活用

無印ファイルボックス と不織布仕切りケース

ファイルボックスの中身はどのようになっているかというと、ここにちょっと一工夫。

無印の高さが変えられる不織布仕切りケースを活用したいと思います。

プロジェクターは精密機械なので、直接ポリプロピレンのファイルボックスに入れるのは心配です。そのまま入れると本体がガタガタと動いて揺れて不安定になりそうですし、電源ケーブルで本体表面が傷ついてしまうかもしれません。

そこで、不織布仕切りです。

不織布仕切りケースの下にプチプチを敷いて振動への対策。気休め程度かもしれませんが、不織布を中に入れ込むことで傷つく心配もなさそうです。

 

ファイルボックスと不織布仕切りケースはピッタリ!プロジェクターは立てて収納で問題なし

プロジェクターとファイルボックス

プロジェクトを立てて入れたら、あら、ピッタリ!奇跡的にサイズがちょうど良い感じで収まりました。

不織布仕切りケースとファイルボックスは同じ無印良品なので、もちろんピッタリ。奥行きはちょうど良く、不織布の高さもそのまま使用してファイルボックスから見えないので、見た目もバッチリ。

ちなみに、プロジェクターは精密機械なので構造上縦置きはNGなのかもと思い、メーカーさんに確認しました。基本的に立てて置いても構造上は問題ないとのこと。倒れてぶつかったりしなければ大丈夫なのだそう。

 

これで完成!ケーブルや説明書も入るとプロジェクターがぐらつかず。

プロジェクターとファイルボックスセット

ケーブルやリモコン、説明書と付属品を一式入れたら、これで完成!

ファイルボックスにプロジェクター一式が全て入って、気持ちよく収まりました。

ケーブルたちが程よく場所を埋めてくれることで、プロジェクター本体はぐらつくこともありません。

美収納にこだわると、外側の見た目だけではなく、中身も美収納になるから良いですね。

 

プロジェクター移動はバッグ無し。無印ファイルボックスごと持ち運びでOK!

さらに、このプロジェクターのファイルボックスセットは、持ち運びもこのままできるからGOOD!

私は宮古島に住んでいるので、移動はほぼ自動車。セミナーなどで出かける時に、いつも持ち運びは何に入れようかなと迷っていて、プロジェクター専用のバッグを買おうかなと悩んでいました。

でも、このファイルボックス片付け方法なら、そのままでいいじゃない、と気付きました。

ファイルボックスごと車に入れちゃえば楽ですし、セミナー場所に持って行っても見た目綺麗なので美収納目指している雰囲気も出るかも(笑)。

 

 

川根 礼子
この記事を書いた専門家:川根 礼子

家族も自分も『おうち大好き』への道をお手伝い致します。

南の島から楽な暮らしとホッと寛げるおうち作りのコツを発信しています。

ブログ:おうちのお片付け日和 〜南の島から〜

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!