大木製作所のステンレスピンチハンガーは私のうっとりするくらい愛着があるモノ

田辺 直巳

田辺 直巳

整理収納アドバイザー

大木製作所ピンチハンガー全体

 

家の中を自分の好きなモノで整えたい。自分の好きなモノに囲まれて暮らしたい。そのためには自分にとってどんなモノを残すべきか、どんなモノを捨てるべきか基準が大事。

私にとっては「見ているだけでもウットリしちゃうくらい愛着がわくモノかどうか」が基準です。

今回私が見ているだけでもウットリしちゃう愛用品を1つ紹介します。それがこちら、大木製作所のステンレスピンチハンガーです。

 

スポンサードリンク

 

毎日使うピンチハンガーはだからこそ長く愛用できるステンレス製を選ぶ

大木製作所ステンレスピンチハンガーフォーカス

これまでは普通のプラスチック製のピンチハンガーを使っていました。

でも、プラスチックは劣化してしまいます。毎日屋外で洗濯物を干していると、洗濯バサミ部分が一つまた一つとポキポキ折れて欠けていきます。その度にイラッとして、いくつも欠けたピンチハンガーに嫌気がさしていました。

これでは洗濯物干しが憂鬱になってしまうと思い、劣化に強く丈夫なステンレス製のピンチハンガーを購入しました。

そこから大木製作所のステンレスピンチハンガーとのおつきあいが始まるのですが、1つ目の購入は4年ほど前。今も全く劣化せず、一つも欠けていません。我が家には大木製作所のピンチハンガーが2つあるのですが、毎日大活躍しています。

購入時はプラスチックハンガーより高かったのですが、長く愛用できることを考えたらステンレス製の方が価値がありますよ。

 

見ているだけでもウットリしちゃうシンプルな大木製作所ピンチハンガーのデザイン

何よりも私が惚れ込んでいるのはそのシンプルなデザイン。洗濯物を干すのが楽しく感じます。この楽しくなる感覚は、プライスレスな価値だと思います。我が家では、1台目の大木製作所ステンレス製ピンチハンガーが気に入って、もう一つ購入しました。

そんなお気に入りのアイテムを使うのはとっても楽しいですよね。特によく使うモノはお気に入りのアイテムにしたいものです。

あまり使わないモノや気に入らないモノは減らし、よく使うモノはお気に入りのアイテムに変えていく。そうすることで、家の中が好きなモノと触れ合える幸せな空間になり、自分の家自体がパワースポットになるのです。

 

一つ一つ少しずつで良いので、愛着があるモノを揃えて、幸せな空間を作りたいものですね。

スポンサードリンク

田辺 直巳
この記事を書いた専門家:田辺 直巳

トランク一つで旅に出たくなるような軽やかなライフスタイル

現役転勤族の経験で学んだモノに囚われない軽やかな暮らし方。たくさん抱え込んだ重い荷物を降ろしてトランク一つで旅に出たくなるような軽やかなライフスタイルを目指してみませんか?

ブログ:Simple&Clean お片付けレッスン Fujinao 現役転勤族が教える身軽なライフスタイル【千葉 整理収納アドバイザー】

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!