アイリスのキューブボックス「QRボックス」に扉や引出しなど4タイプの新商品が登場!

QRボックス

アイリスオーヤマは、自由設計ができるキューブボックスの「QRボックス」で新商品を発売しました。

従来のQRボックスに加え、扉タイプ、クリア扉タイプ、スラップ扉タイプ、引出しタイプの4タイプを追加。充実のバリエーションになりました。

 

スポンサードリンク

 

アイリスオーヤマのQRボックスとは

QRボックスブラウンとホワイト

 

2016年8月に発売されたQRボックスは、魅せる収納をうたい、自由に「並べる」「重ねる」ができるキューブボックスとして登場しました。

商品の特徴としては、上品でスタイリッシュなデザインと、しっかりした造りの割に安いというのがポイント。

パーテーション

色は、ブラウンオークとホワイト。角が丸くなったデザインで、スタイリッシュかつ柔らかな印象があります。角が丸くなっているので、子供がぶつかっても怪我しにくく、子供部屋に使えるのも良いです。

内側からのカムロックになっているため、ネジ穴が天板に見えず、置物を上に飾っても邪魔しません。落ち着いたデザインなので、パーティションとしても使いやすいです。

テレビ台

テレビを置いても丈夫な耐荷重があります。耐荷重は約20kg。キューブボックスやカラーボックスは安いものだと板が薄く、重さに弱いものが多いですが、QRボックスはしっかりとした造りが評価されています。購入者の口コミでも、意外としっかりしている、思ったよりずっしり重いといったものが多く見受けられるので、この点も評価できますね。

 

では、早速、今回新登場した、4つのタイプをご紹介します。

 

1.キューブボックス定番の扉デザイン「QRボックス クリア扉タイプ」(ブラウン・ホワイト)

クリア扉タイプ

新商品で追加されたタイプの1つがこちら。

キューブボックスでは珍しい、クリアタイプの扉が使用されています。真ん中にストライプ模様のクリア扉があり、うすく中が見えるようになっています。

クリア扉タイプ

お皿や小物など、少し隠したいが何があるか見て取りやすくしたいモノを片付ける場所として良さそうです。

クリア扉だと圧迫感が少ないので、積み重ねたQRボックスのアクセントとして使用するのもありですね。

 

2.本や雑誌をディスプレイ「QRボックス フラップ扉タイプ」(ブラウン・ホワイト)

フラップ扉タイプ

QRボックスの魅せる収納という特徴が出ているのがこちら。

こちらもQRボックスのデザイン性を活かして、前面にディスプレイできるフラップタイプの扉をつけています。

フラップ扉タイプ

お気に入りの本や、おしゃれなデザインの雑誌をディスプレイすると見栄えが良さそう。

このディスプレイを付けるだけで、部屋の中が一気にオシャレになりますね。小さな子供がいる方は絵本をディスプレイして、子供と楽しめるリビングスペースを作るのも楽しいでしょう。

 

3.文房具などの小物収納に「QRボックス 引出しタイプ」(ブラウン・ホワイト)

引出しタイプ

シンプルなデザインの引出しタイプも登場。

ブラウンとホワイトそれぞれ1段ずつに組み替えるカスタマイズも可能です。

引出しタイプ

文房具や化粧品、アクセサリーなどの小物を収納できます。キューブボックスは箱やかごを置いて収納できますが、箱やかごを別で買うのは面倒なところがあります。それなら初めからデザインが統一されている引出しが選択できると、細々なモノを片付けるのにちょうど良いですね。

引出しタイプ

デスクスペースのパーティション代わりにQRボックスを配置し、引出しタイプを導入したら、キャビネットいらず。文房具などデスクまわりの小物を片付けやすそう。

 

4.キューブボックスでは定番「QRボックス 扉タイプ」(ブラウン・ホワイト)

QRボックス扉タイプ

キューブボックスでは定番の中身を隠すタイプの扉をつけたものです。

QRボックス扉タイプ

中身が見えないので、部屋をスッキリ見せるのに効果的。

ですが、全部この扉タイプだと、せっかくのQRボックスのデザイン性が失われるので、こればかりはやめた方がいいかもしれません。QRボックスは見せる収納として使った方が良さが出るので、うまく組み合わせて使うのが良いでしょう。

 

この記事が気に入ったら今すぐシェア!