銀座のビルまるごと無印!日本初「MUJI HOTEL」をオープン。ちょっと勢いにノリすぎか?

無印ホテルビル

無印良品を運営する良品計画が、2019年春銀座に「MUJI HOTEL」をオープンすると発表しました。

読売新聞東京本社と三井不動産が進めている「マロニエ×並木 読売銀座プロジェクト」の複合ビルに、無印良品の世界旗艦店とホテルが入る予定。

 

スポンサードリンク

 

地下1階から6階が世界旗艦店。6階から10階がホテル。ビルまるごと無印なんです!

地下1階から6階の一部までが無印の店舗で、世界旗艦店の位置付け。6階の一部から10階がMUJI HOTELになります。

あれ?近くにある有楽町店が世界最大旗艦店だったような…。かぶってしまって大丈夫?と思ってしまいますね。

 

ホテルは「無印良品」の家具やアメニティグッズ満載

無印世界旗艦店

MUJI HOTELは、無印がコンセプトの提供と内装デザインを監修。家具やアメニティももちろん無印です。

無印のファンにとっては、ホテルで宿泊して、店舗の無印商品を体験して、と無印を思う存分楽しめそうです。

ホテル運営は小田急電鉄グループのUDSが担当するので、無印がホテル事業運営に乗り出すというわけではなさそうです。

 

いろいろ多角化しすぎて大丈夫?

ただ、無印のファンは楽しみだけど、ほんとに成功するのかな?という懸念はあります。

MUJI HOTELのコンセプトはアンチゴージャス、アンチチープなのだそう。手頃な価格で無印を体感ということになりそうだが、果たしてうまくいくのかなと思います。

家の空間では無印は誰もが憧れるシンプルデザインですが、ホテルは家ではなく非日常を味わいたい人の方が多い気がします。まして銀座ですし。

 

「無印良品の家」や「無印良品の小屋」など、これまでの無印よりも多角化が進んでおり、今回のMUJI HOTELの発表。しかも同日発表された業績で営業利益は4期連続の増益。最高益を更新。

この状況で株式市場は好感するのかと思いきや、事業の多角化を懸念して反落した模様です。

ちょっと勢いにノッて、いろいろやり過ぎてしまっている懸念ですね。MUJI HOTELが変な転換期にならなければ良いのですが…。

 

でも、無印がこれからどうなっていくのかは楽しみなところ。2019年春ということですから、東京オリンピックにも向けて、無印が世界に向けてどう成功していくのか期待したいですね!

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!