ペーパータオルケース・ボックスおすすめ人気ランキングTOP3「オシャレな収納ケースはどれ?」

蝶プラ工業デスコ

レストランや店舗、クリニック、オフィスのトイレでよく使われるペーパータオル。複数の人が使い捨てで利用し、清潔にしておきたい場所でニーズがあります。

ペーパータオルが100均などで手に入りやすくなったことで、事業所だけでなく家庭でもキッチンや洗面所、トイレで使う方が増えています。

そんなペーパータオルをうまく収納し、使いやすくしてくれるのがペーパータオルケースやペーパータオルボックスと呼ばれる置き型の収納ケースです。

ペーパータオルケースはどんな特徴があるのでしょうか。どうやって選べば良いでしょうか。今回は、ペーパータオルケース・ボックスを選ぶポイントを解説し、cataso編集部でおすすめ商品をランキング形式で選んでみました。家庭で購入の際の参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

【誰が使う?】手洗い場の衛生面やデザインにだわる人向け

ペーパータオル例

[1]みんなが使う手拭きタオルだと衛生面が気になる人

洗った手を何度も使うタオルで拭くと雑菌が気になる人。家族みんなで一緒にタオルを使うのは嫌な人。トイレの手拭きタオル使用をやめたい人。

そんな衛生面が気になる人は、清潔感のあるケースに、使い捨てのペーパータオルを入れて使用するのが良いでしょう。

[2]来客用に使う洗面台をキレイに見せたい人

お客様にトイレや洗面所をキレイに見せたい、心地よい気分になってもらいたい人。共用のタオルを使ってもらうのは衛生的に気が引ける人。来客が多かったり、来客に対して気を遣って、気分よくトイレを使ってもらいたい人に向いています。

[3]シンプルデザイン重視の洗面台に置きたい人

インテリアにこだわり、洗面台もシンプルデザインにしたい人。新築やリフォームで洗面台がオシャレになった人におすすめ。オシャレな洗面台に見合うペーパータオルケースを探している人にちょうど良いアイテムです。

[4]ペーパータオルをビニールのまま使っている人

普段ペーパータオルを使っているが、買ってきたビニール袋のまま使用している人。使う時に濡れた手で袋の中のペーパーを探すのがストレスになっていませんか?見た目も悪いし、そろそろ何か入れるモノを探している人にちょうど良いですよ。

[5]キッチン使用時ペーパータオルを片手で引出したい人

キッチンでロール状キッチンペーパーを使っているが、片手でうまく切れずにストレスがある人。片手で使いやすいキッチンペーパーホルダーを探している人は、置き型のペーパータオルケースを試してみると良いでしょう。

[6]歯医者、ホテル、飲食店など清潔感が求められるトイレで使いたい人

一般家庭での利用だけではなく、クリニックやホテル、居酒屋など、オシャレなトイレで使う業者の方も多いです。たまたまお店で同じものを見かけたという人も多いでしょう。

 

ペーパータオルケース・ボックスの選び方ポイント

 

ayaさん(@ayai3i)がシェアした投稿

検討時、購入時に選ぶポイントは?注意するポイントは?

[1]キッチンペーパーホルダーやテュッシュケースと混同しないように

ペーパータオルケースで検索すると、キッチンペーパーホルダーやテュッシュケースもヒットしてきます。これは、同じような用途で使えたり、テュッシュケースだと併用できたりするからですが、ペーパータオルケース専用に作られているかどうかで使い勝手はかなり違います。混同しないように、ペーパータオルケース専用のアイテムを選びましょう。

[2]100均には置いておらず、安いモノは選びづらい

ペーパータオルケースはインテリア性を重視されていることから、まだダイソー、セリアなどの100均で購入できる専用のモノはありません。また、ニトリで探す人も多いのですが、ニトリでは購入できるのは、キッチンペーパーホルダーで、専用のケースは販売されていません。まだ安いモノ重視で探せるアイテムではない品質というわけですね。

[3]置く場所のスペースを事前に計測しておこう

ボックステュッシュくらいかなとイメージしがちですが、意外とケースは大きいものが多いです。ペーパータオルがうまく入るよう、大きめに作られたケースが多いので、設置場所をあらかじめ想定して、計測しておくのが無難です。

洗面台に置くと思った以上に大きすぎて存在感ありすぎ…といった後悔はしないように気をつけましょう。

[4]入れたいペーパータオルのサイズで考える

ペーパータオルのサイズは、実はいろいろとあり、微妙に各メーカーでサイズが異なることがあります。基本的には、中判(220mm×230mm)を選びますが、小判(220mm×170mm)や大判(250mm×250mm)もあるので、どれを入れたいかによってケースを考えましょう。余裕をもって入るサイズのケースがおすすめです。

[5]入れたいペーパータオルの質で考える

サイズ以外に、ソフトタイプや厚手タイプなどペーパーの質によっても変わります。ソフトタイプだとスムーズに引き出せるとか、硬めの厚手タイプだと引き出した時にフタがついてくるなど、ペーパーの質によって使い勝手が変わります。

検討しているケースは、どういうペーパーがおすすめなのか事前にチェックすると良いです。ペーパータオルは消耗品なので、100均でよくこのペーパーを買うなど決まったものがあれば、それに合わせてケースを選ぶのが無難です。

[6]清潔感があるデザインかどうかで選ぶ

洗面所やトイレ、キッチンで使うケースなので、見た目で清潔感を演出してくれるかどうかは重要なポイントです。ケースそのもので清潔感を保ってくれそうな、すっきりしたデザインのアイテムを選ぶべきです。

[7]インテリアになじみやすいデザインがどうか

ペーパータオルケースだけ存在感がありすぎると部屋全体のバランスが崩れます。洗面所やキッチンでまわりのインテリアの邪魔にならず、色の基調を統一できる質感やデザインのアイテムを選びましょう。

[8]ペーパーが引き出しすいかどうか

見た目のオシャレさばかりに目を向けがちですが、日々使うものとしてストレスがたまらず、気持ちよくペーパーを引き出せるものを選びましょう。ビニール袋に入ったペーパーをケースに入れて、引き出した時に、どれくらい引き出しやすくする機能が盛り込まれているのがポイント。

また、この引き出しやすさは個人の主観による部分も多いので、口コミをなるべく多くチェックして、信頼度の高いモノを選ぶのが良いです。

[9]衛生面がしっかり考えられているかどうか

手洗いで手から落ちる水滴がケースにたまりやすい、水滴の跡が残りやすいとなると、いくら綺麗なケースでもテンションが下がりますよね。

水滴や水はねの跡が残らないかどうかは、ケースまわりの素材が重要ポイントです。水がついても跡が残らず乾く素材、さっと拭いたら目立たない素材であるかどうかを確かめましょう。

 

以上が、ペーパータオルケース・ボックスの購入検討時のポイントです。では、ここからは、cataso編集部がおすすめするアイテムをランキングで紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

 

【3位】山崎実業 蓋付きティッシュケースRIN(リン)L

山崎実業RIN

catasoレーティング:2.75点

・デザイン:4点

・機能性:3点

・使いやすさ:2点

・コスパ:2点

これだけでインテリアになるデザインと質感

白RIN

テュッシュケースという名前の通り、ペーパータオルとテュッシュケースの両方が使えるアイテムです。

天然木の蓋と本体部分のスチールが特長的なデザイン。ケース全体のスチールの質感はシボ加工で高級感があり、重さもあってしっかりしたつくりになっています。

カラーは2色。ナチュラルの白カラーは北欧風。ブラウンの黒カラーはモダンで上質感。それぞれ、良さがあるので、まわりのインテリアに合わせて選ぶと良さそう。

テザインの評価は高いものの、ペーパータオル専用の商品ではないため、引き出す時の使いづらさはイマイチな点と、その割に価格が高いのがネックという評価になっています。

使い勝手よりインテリアとしてのデザインを優先する人におすすめ

黒RIN

山崎実業のRINシリーズなので、towerやtoscaを持っている人なら相性が良さそう。

ペーパータオルを引き出す時の使い勝手よりも、インテリアとして洗面所やキッチンにマッチすることを優先したい方におすすめです。使い勝手は最悪、片手でフタを押さえて片手でペーパーを引き出せば問題ありませんから。

 

【2位】ideaco(イデアコ) torel(トレル)

2位イデアコトレル

catasoレーティング:3.25点

・デザイン:5点

・機能性:3点

・使いやすさ:4点

・コスパ:1点

石調デザインがラグジュアリーな空間を演出してくれる

サンドトレル

高品質なデザインが売りのideaco(イデアコ)からもペーパータオルケースが出ています。torel(トレル)はその印象的なフォルムと質感が特長。

特に質感は、陶器のような材質で、どっしりとした重厚感があります。石調デザインがラグジュアリー感を出していて、高級ホテルのトイレに置いてありそうな印象を与えてくれます。

カラーは3色で、サンドホワイトと黒は、大理石のような高級な質感。白は真っ白で陶磁器のような清潔感があります。ペーパータオルケース専用なので、引き出しやすさも工夫されていて、1kgを越える本体重量で安定感があります。

しかし、高級感優先のデザインで、価格的にも高級な点がマイナスポイントです。

高くてもいい。高級感のあるデザインを求めたいという方に

黒トレル

イデアコのデザインが好きな方。石調の高級感あるデザインで洗面所を演出したい方。価格よりも質重視の方。こういう方には、おすすめしやすいアイテムです。

イデアコは、Tsutsuなど同じ質感のシリーズ展開があるので、洗面台を統一感ある空間にしたい人には満足度の高いアイテムになると思います。

 

【1位】蝶プラ工業 DESCO(デスコ)ペーパータオルケース

1位蝶プラ工業デスコ

catasoレーティング:4点

・デザイン:4点

・機能性:4点

・使いやすさ:4点

・コスパ:4点

アクリルケースの清潔感と使い勝手とコスパが良いバランス

デスコ蓋とケース

透明なアクリルケースが衛生的&清潔感を演出してくれます。シンプルなフォルムで、どんなインテリアになじむ点も見逃せません。

また、アクリルケースだと安っぽさが出やすいのですが、このケースは厚手の素材になっていてプラスチックっぽさがありません。しっかりとしたつくりで高級感があります。

さらに、引き出す時の使い勝手もかなり良く、この商品ジャンルでは一番でしょう。口コミも良いものばかりです。

誰もがすすめやすい人気の定番商品

レストランやクリニックのトイレなど、店舗でもよく使われているアイテムなので、外で見かけていいなと思った方も多いはず。

デザインもシンプルなので、インテリアにこだわっていない人など、一般的な人でも導入しやすいアイテムだと思います。

価格も1,000円を切るもので、コスパも良いところも高評価。このジャンルの定番商品になっていると言えるでしょう。

 

おすすめ人気ランキングまとめ

ペーパータオルケース・ボックスの人気ランキング、いかかだったでしょうか?

こう並べて見ると、どのアイテムにも個性があって、面白い商品ジャンルですね。蝶プラ工業DESCO(デスコ)が一般受けしやすく、定番商品となっていますが、他の商品もそれぞれ特性が出ていて、好きな人にはハマりやすそうです。

それほどたくさんの商品が出てないジャンルではありますが、インテリアの一環としてペーパータオルケースを検討してみると楽しそうですね。

 

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!