フェリシモおうちでレッスンできる「クローゼットお片づけプログラム」発売

お片づけプログラム

フェリシモは、「フェリシモお片づけ部」がプロデュースする、おうちレッスンプログラム『クローゼットお片づけプログラム』を8月18日から発売しました。

 

スポンサードリンク

 

プログラムはミニツクの6か月自宅講座

お届け内容

「クローゼットお片づけプログラム」は、フェリシモの自宅レッスンサービス「ミニツク」のプログラム。フェリシモのお片づけ部が2015年8月に発売した「お片づけワークプログラム」の第2弾になります。

このレッスンプログラムは、6か月のコースになっていて、クローゼットの整理に特化。6か月後には、自分に合ったクローゼットの整理術が身につくのが特長です。

お届けセット例

届く内容は、1冊のテキスト(A5判12~24P)やサポートグッズ(コーディネートリスト、カラー診断カードなど)、クローゼットお片づけ通信など。収納用品が入ってくるわけではありません。

費用は、月々1,700円(税抜)を6か月分。合計すると1万円を少し越えますね。

 

「捨てる」ではなく「見つめ直す」クローゼット整理術

捨てない

興味深いのは、最初の4か月、服を一切捨てない点。整理をする前に、4か月の間、自分に合う服を見極め、適正量を見出すわけです。

4か月分

1,2か月は、手持ちの服を書き出し、コーディネートを記録。3か月目は、パーソナルカラー診断も入ってきて、自分のコーディネートを見出す流れが面白いですね。

こうやって前半の4か月で、自分の必要な服をしっかり見つめ直すので、その後のリバウンドが無くなりそうです。

 

フェリシモお片づけ部プロデュース&吉川永里子さん監修

吉川永里子さん

監修は収納スタイリストの吉川永里子さん。長年、整理収納アドバイザーとして活躍されている吉永さん監修なので、内容的にはしっかりしてそうです。

自分を見直すこと、自分に合う服や適正量を見出すこと。ここに重点を置かれているのが、整理収納のプロが入ったレッスンプログラムだと感じられますね。

 

プログラム内容は6ヶ月の長期だから良い?or悪い?

4か月って長いんじゃない?と思うかもしれませんが、捨てるよりも、4か月目までの自分のライフスタイルを見直すことが片づけにとって一番大切なのは間違いありません。

ただ、毎月送られてくるのが特徴のフェリシモなので、出来上がるのが6か月後なのか、というネックもありそう。

じっくり自分を見直す、コツコツ続けるのが好き、という人には向くかもしれませんが、ここはご自身の性格次第な気がします。

 

クローゼットお片づけプログラムこちらから
↓↓↓

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!