キッチンで見せる収納に特化した新ブランド!平安伸銅工業Spluce(スプルース)発売

Spluce(スプルース)

突っ張り棒で有名な平安伸銅工業が、DRAW A LINE(ドローアライン)、LABRICO(ラブリコ)に続き、新たなブランドSpluce(スプルース)を2017年9月上旬より発売します。

「スリムポールラック」、「スリムマグネットラック」、「吊棚キッチン収納」という3つの商品カテゴリをベースにいろいろカスタマイズできるのが特長のようです。

 

スポンサードリンク

 

キッチンまわりの“見せる収納”に特化したSpluce(スプルース)とは?

Spluce(スプルース)の名前は、整然、唐檜(針葉樹の一種)の意味。まっすぐ伸びる針葉樹のように、整然としたイメージを開発コンセプトにしているのだそう。

商品写真を見てもわかるように、無駄がなく、直線的で整然としたデザインになっています。キッチンで清潔感を演出するよう、白一色のスチール製で統一されている点も印象的ですね。

 

Spluce「スリムポールラック」は壁面収納にぴったり

スリムポールラック

「スリムポールラック」は、調味料やラップ、お玉、フライ返しなど、調理で使用頻度が高い小物が置きやすいシステムラック。

直径2.2cmのスリムなポールを突っ張り棒のように突っ張ることで、ラックとして使用することができる仕組みになっています。

写真のように複数のポールを突っ張って、トレイやバスケットを組み合わせることで、自分好みなシステムラックを作ることができます。キッチンで壁面収納を考えている方にはぴったりなアイテムになりそうです。

 

Spluce「スリムマグネットラック」は冷蔵庫側面収納に

スリムマグネットラック

「スリムマグネットラック」は、マグネットがついており、冷蔵庫の側面やホーロー面に取り付けることができます。

こちらも調味料やラップなどの小物が置きやすい仕様。マグネット部分が大きく、耐荷重5kgとしっかりしているので、ある程度重いモノを置いても大丈夫ですね。

 

Spluce「吊棚キッチン収納」はバリエーションがたくさん

吊棚キッチン収納

「吊棚キッチン収納」は、さっと手に取って使用するラップやキッチンペーパー、タオルなどを引っ掛けて使うことができます。

吊棚カッティングボードハンガー、吊棚タオルハンガー、吊棚ラック、吊棚キッチンツールハンガー、吊棚ペーパーハンガーの6種類のバリエーションがあり、用途に分けて組み合わせると良さそうです。

 

このキッチン領域では、山崎実業のtowerシリーズが先行しており、白のスチールという意味でもデザイン面ではかぶっている印象です。

しかし、突っ張り棒を使うなど、いろいろなパーツを組み合わせて自分なりにカスタマイズできる点はこれまでになかった新しさです。特に、キッチン壁面収納ではオシャレな定番商品がなかったので、Spluce「スリムポールラック」は期待できそうな予感です。

すでにAmazonで販売開始されているようなので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!