アメリカ発コンプレッション収納バッグ「Kompak」が日本でもクラウドファンディング目標達成!

kompak

出典:machi-ya

米国のKickstarterで3000万円を超える資金調達を達成した、コンプレッション収納バッグKompak(コンパック)が日本のクラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」でも目標金額を達成しました。

 

 

スポンサードリンク

 

コンプレッション収納バッグKompak(コンパック)とは?

Kompak(コンパック)は、衣類用の収納ケースで、コンプレッション(圧縮)機能がついています。

最大の特長はチャックを閉めるだけで完了する衣類の圧縮機能です。日本でよくあるクルクルまるめて空気を抜いて圧縮する圧縮袋ではなく、チャックを閉めるだけで圧縮できちゃうのが新しいです。

 

チャックだけで衣類を40%圧縮できる

圧縮方法

出典:machi-ya

圧縮方法は、真ん中にあるチャックをぐるぐるっと閉めるだけ。チャックを2周まわすことで、収納ケース自体を圧縮できます。それにより、40%の圧縮率になるようです。

手間やコツは必要なく、チャック1つで簡単に圧縮できるのは魅力的ですね。素早く圧縮できるようなので、荷物の詰め込みもストレスなくできそう。

 

ドライとウェット2つに分けれるから旅行や出張に最適

ドライ&ウェット

出典:machi-ya

収納スペースは両側についており、1つはドライ部分、1つはウェット部分として使えます。ドライには通気性、ウェットには防臭、防水性があり、キレイな服と汚れた服を分けて入れることができます。旅行や出張時に、この機能があると使い勝手が良さそうですね。

 

machi-ya(マチヤ)では、SサイズとLサイズが1つずつ入ったセットが3,700円で設定されていますが、見事支援者によって達成されています。目標金額が300,000円という低い設定でもありますが、発表後すぐに達成されたことで、日本での販売も見えてくるのではないでしょうか。

今後どのような展開になるかはわかりませんが、日本での展開も期待したいものですね。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!