おむつ替えが立ってできる!「ストッケ ホーム ドレッサー」&「ストッケ ホーム チェンジャー」発売

ストッケ ホームドレッサー

ノルウェーのベビー用品ブランド、ストッケが「ストッケ ホーム ドレッサー」と「ストッケ ホーム チェンジャー」を2017年10月11日から発売しました。

ストッケといえば有名なのが、成長に合わせて使えるベビーチェアの「トリップ トラップ」。子供やママのことをよく考えているストッケが発売する、ドレッサーとチェンジャーってどんな商品なのでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

おむつ台になる「ホームドレッサー」&「ホームチェンジャー」

ストッケおむつ替え台

赤ちゃんのおむつ替えは、1日に多くて20回行うこともあり、前かがみの姿勢が腰に負担をかけやすいです(「一般社団法人 日本衛生材料工業連合会」調べ)。特に日本では、床にベビー布団を敷き、その上でおむつ替えをすることが多いので、ママの腰への負担は大きいです。

そんな悩みを解決すべく、ストッケから提案されたのが、立っておむつ替えができるホームドレッサーとホームチェンジャーです。

ホームドレッサーは引き出し収納がついたチェストで、ホームチェンジャーはおむつ替えの台になります。「ストッケ ホーム ドレッサー」と「ストッケ ホーム チェンジャー」のセットアップで、おむつ替えが立ってできるようになるわけですね。

 

欧州で人気!子供の成長に合わせて使える「ストッケ ホーム ドレッサー」

ホームドレッサー

欧州市場では既に販売されており好評の「ストッケ ホーム ドレッサー」と「ストッケ ホーム チェンジャー」。「ストッケ ホーム ドレッサー」の引き出しは3段で、子供の成長に合わせて、洋服やおもちゃを収納できます。

カラーは、ホワイト、ナチュラル、ヘイジーグレー。ノルウェー発ということで、シンプルな北欧デザインが特長です。インテリアとしても部屋になじみやすいので、長く使いやすい設計になっています。

また、下部は引き出しがなく、足が入るスペースがあるので、赤ちゃんと距離を近づけて、楽な姿勢でおむつ替えをしやすいのもポイントです。

価格は、56,000円(税抜き)です。

 

子供が使いやすいソフトクロージングタイプを採用

子供用チェスト

ママが使うだけではなく、子供自身が自分で使える工夫もしっかりしています。

引き出しはゆっくりしまるソフトクロージングを採用することで、子供が指を挟むことをケア。子供が小さい時から使えるよう工夫されています。子供が大きくなってからも使いやすい仕様なので、子供の成長に合わせ、大人になっても長く使える点が嬉しいですね。

ストッケは、ベビー用品として子供の時だけ使う限定的なものではなく、長く汎用的に使えることにこだわっているのがよくわかるポイントです。

 

「ストッケ ホーム チェンジャー」でチェストがおむつ替え台に

ホームチェンジャー

子供が赤ちゃんの時は、「ストッケ ホーム ドレッサー」に「ストッケ ホーム チェンジャー」をセットアップすると、おむつ替え台として使うことができます。

床に前かがみになることなく、立ったままおむつを替えることができるので、ママの身体への負担を配慮されています。立っておむつを替えるので、赤ちゃんとの距離も近く、アイコンタクトを取りながらおむつ替えができます。

また、子育ての動線を考えられていて、左右どちらからの向きでもおむつ替えが可能。おむつ替えに必要なお尻拭きやゴミ袋などを入れるストレージボックスも、左右どちらの側面にも装着できます。

こちらのカラーはホワイトだけで、価格は、26,000円(税抜き)です。

 

ストッケのホームドレッサーとチェンジャー、新しい提案で面白い収納家具ですね。

ママの負担を考え、「ホームドレッサー」&「ホームチェンジャー」で立っておむつ替えする文化が日本でも定着していくと良いかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!