自分サイズのシェルフが作れる「noashiシェルフ用の脚」発売

noashiシェルフ用の脚

smoothie,LLCは、「noashi」ブランドの新商品「シェルフ用の脚」を2017年12月20日より販売しました。クラウドファンディングからスタートした「noashi」。テーブル用のクランプレッグから、さらにシェルフ用クランプレッグが発売されることになりました。

 

 

スポンサードリンク

 

自身のライフスタイルに合わせて作る「noashi」

「noashi」のコンセプトは、所有物に制限されない自由な家具という発想から生まれました。引っ越しが多く、渡り鳥のような生活をする人は、家具を所有することは難しい。最小限にモノをとどめ、なるべく身軽にするという思いが強い。「noashi」はそんな自身のライフスタイルに合わせて作る家具です。

 

DIY用に自分で作るクランプレッグ

クランプ万力

大量生産された家具は、部屋にあったサイズを見つけづらい。でも、オーダーメイド家具は高い。かといって、DIYで好みの家具を作れるほどの技術や道具はない。

そんな悩みを解決してくれるのが「noashi」のライフスタイルに合わせて作る家具。「noashi」は、クランプ(万力)をテーブルの脚として利用するクランプレッグを採用。クランプで板を挟むことで、好みの大きさのテーブルやシェルフを作ることができます。

デザインとしては、近年人気の「インダストリアル」や「ブルックリンスタイル」といった男前インテリア。艶無しブラックが印象的で、日本の職人が作った鉄製になっています。

 

新商品noashi「シェルフ用の脚」

DIY用シェルフ脚小さい天板

新発売された「シェルフ用の脚」は、リビングやデスクまわりで使用するシェルフを簡単にDIYすることが可能。好みのサイズや色の板をボルトで挟めば、3段シェルフが完成します。天板は好みによって、無垢材やMDFなど材質も選び、自分の部屋に合わせたインテリアに仕上げることができます。

DIY用シェルフ脚大きい天板

サイズとしては、脚の幅が4cm、高さは80cm。アイアンの重厚感がありながらスマートな印象を与えます。棚板の間隔は、A4サイズの雑誌が収まる高さで、利用しやすい定番サイズになっています。組み立ては六角レンチ使用のみ。女性でも簡単に、短時間で組み立てることができます。

 

棚のサイズを変えることで、正方形や長方形など部屋スペースに合わせた形にできるのが一番のポイントですね。男前インテリアが好きな方には、DIYのツールとして使いやすいのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!