自立するバックインバック「フラッティ」に小物が入る3サイズ新発売

フラッティ

キングジムは、バッグの中でかさばらず、自立できるバッグインバッグ「フラッティ」にカード・ペンケース・A6の3サイズを2018年8月3日より発売します。

 

 

スポンサードリンク

 

バッグの中で自立できる「フラッティ」

自立するバックインバック

最近、人気が集まっているバックインバック。ただ、従来のバックインバックは、「かさばる」「自立しない」「重い」といった不満がありました。キングジムの「フラッティ」は、そんな不満を解消すべく、バッグの中で散らかりやすい小物をまとめられるツールとして開発されました。

特徴的なのは、芯材が入っているため、バッグの中で自立できること。しっかりしているので、用紙を入れても折れずに綺麗なまま持ち運べます。

 

スリム設計だからバッグの中でかさばらない

スリムだからバッグに入りやすい

フラットで薄い設計なので、カバンの中でもかさばりません。さらに軽い素材なので、重さも最低限。スリムで、シンプルに使えます。

 

カード・ペンケース・A6の新サイズで細かい小物にも対応

フラッティペンケース

2017年10月に発売された「フラッティ」は、封筒サイズ、A5サイズ、A4サイズという書類を入れるような大きめのサイズでしたが、今回の3サイズはカードサイズ、ペンケースサイズ、A6サイズという小さめのサイズ。

カートサイズは名刺やイヤホン、ペンケースサイズは筆記用具、A6サイズははがきや写真などの収納に最適なサイズになっています。

 

今回のフラッティで細かい小物をバッグに入れたい、というユーザーニーズに対応する形になり、ますますバッグインバッグとして使えるブランドになってくるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク