収納の住宅性能基準「収納評価認定」がスタート!

収納評価認定

日本収納プランナー協会と収納計画は、暮らしやすさの評価基準として「収納評価認定」サービスを2018年7月12日に開始しました。

 

スポンサードリンク

 

3つのポイントで評価する「収納評価認定」とは

3つの評価基準

「収納評価認定」とは、日本収納プランナー協会が所有する家物データに基づいて、建物の「収納の量」「収納の場所」「収納の形(暮らしやすい適正値)」を統計的な数値から分析、評価する認定方法として生まれました。

収納をよく考えられて設計された戸建住宅は評価が高く、毎日の暮らしに時間的、経済的、精神的メリットが得られます。しかし、新しく住宅を購入する際、消費者が収納までしっかりチェックすることは難しく、何を基準に評価、検討すればいいかわかりづらいのが現状。その解決策として、「収納評価認定」は比較判断材料として役立つことを目標としています。

 

バランスチャートとフィットラインで数値化する評価方法

収納評価認定書

評価方法としては、大きく分けて2つ。「収納の量」と「収納の場所」をチャート化したバランスチャート。持ち物の量やユーザビリティの測定結果を「収納の形」からグラフ化したフィットライン。この2つから最終的に5段階小数点第1位までの等級を出し、住宅に収納評価認定書が発行されます。

具体的な例としては、シューズクロークにベビーカーなど靴以外の物が入らない。トイレに収納がないといった、家の流動物に関する点。2階に掃除機を置けない、といった家事動線に関する点など、様々な細かい収納ポイントを評価されていきます。

 

住宅検討時に評価できると住んだ後のストレスがなくなりそう

マンションや戸建てなど新しく住宅購入する際に収納のソフト面からも検討できるのは、諸費者にとって価値がある判断ポイントだと思います。販売会社の男性営業マンから収納しやすいですよ、と説明されるだけでは女性は納得しづらいですからね。

こういった評価ポイントがどんどん広がっていって、賃貸物件なども含めて評価できるようになっていくと、住んだ後に収納で悩むストレスが少なくなりそうです。

まだ始まったばかりの取り組みですが、今後どんな風に消費者が目にするようになってくるのか楽しみですね。

 

スポンサードリンク